« ♪ツッパリ不動産外務員♪ | トップページ | 世の無常に感じること。 »

2006年8月 1日 (火)

心に免疫を!

おはよーでござんす。いやー、昨日のブログの反響はすごかったですよ。コメントと電話がジャンジャンなりました。クリック数も、毎日の平均の約1.5倍の300オーバーでした。なんだかんだといっても、みんなプチブラックユーモアーが好きなんですね。また、機会があれば、「ツッパリ教材外務員」と「ツッパリ先物外務員」の2曲をご披露したいと思います。

 「摂理」というカルト教団が社会問題を起こしてますね。偏差値の高い大学生を中心に、信者を増やしていった構図は、ちょうど「オウム真理教」を彷彿させます。また、最近では、これまた大学生を中心に「ねずみ講」がはやっているらしいです。薬物乱用の低年齢化や犯罪の低年齢化など、いわゆる、少年~青年、少女~?女(思いつかないです。)ぐらいの、精神的にもろい世代の線を越える行為が目立ちます。で、ふと、わが社を振り返って考えたのですが、店長の山ちゃんを始め、K君、ヨンナム氏も、精神的にもろいところが多々あります。何も、子供に限ったことだけではなくて、精神的な免疫不足は現代人の心の病なのかもしれませんね。他人との心の干渉を避けて、表面上だけで、事なかれ主義で生活することが日常化しているため、少しでも、自分が傷つけられると、過剰な防衛本能が働き、「逆切れ」や「凶行」を起こすのだと思います。母親をかなづちで殺した、大阪大学の学生の事件なんかは、この例にピタリと当てはまることでしょう。ちなみに、事件後、この学生が行った、パチンコ屋は、常連の人たちが、気持ち悪がって、隣の「パーラーパラダイス」に移ってるみたいで、閑古鳥がないてるようです。

 営業活動をしていても、お客様の立場で物事を考えたら、気に入らない物件は当然断ります。当たり前のことですよね。ところが、並みの営業マンの場合、この「断られる」という行為を異常に恐怖に感じます。まるで、自分の存在そのものを全否定されたかのように、恐怖に感じるあまり、お客様にすすめる場合に、下手にでて、お伺い営業をしてみたり、卑屈になったりします。実は、これはお客様にとっても不幸なことで、お客様の誰もが、自分の希望の100%満足できる物件なんかが世の中にないことぐらい百も承知です。ところが、実際に物件を買うのはお客様なのに、実際に意思決定するのはお客様なのに、断られることが恐い営業マンは、まるで、自分が物件を買うかのように、先に自分の中で結論を決めてしまってる場合が多々みうけられます。故に、満足度70%の物件や80%の物件を悪い方の20%や30%の方にばかり目が行き、思い切って、すすめてあげるという行為に躊躇を覚えるのですね。当然、自分の担当マンが躊躇する物件を、お客様が意思決定できるわけがないですよね。こういう担当マンがつくと、2・3年越しで不動産探しをしなければならないという、恐怖のサイクルを迎えます。

 えっ!?僕?僕の場合、心臓に剛毛がジャングルのように生えているので、「貴様!この俺様がすすめる物件を断るとは、どういう了見じゃー!」てな具合になっちゃいます。まぁ、これはこれで最悪ですけどね。でも、お客様!大丈夫ですよ!もう、僕は、営業してませんので・・・。(ふぅ~、またファンが減りそう・・・)

 物件情報!苦楽園@番町で、えらい安い土地がありますよ。眺望も素晴らしく、土地も約100坪くらすで、南向きで、坪単価10万円台ということ無なんですけど、造成費がね~。まっ!興味のある人はのりぞーまで。

|

« ♪ツッパリ不動産外務員♪ | トップページ | 世の無常に感じること。 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事