« 電通の鬼十則 | トップページ | オーリング »

2006年9月26日 (火)

エリアの違い

 おはよーでござんす。ちょっとづつ、秋の気配が漂ってきましたね~。運動会が今週末ぐらいにあるので、これが終われば、いよいよ秋商戦の追い込み開始です。

 西宮の場合、大きく分けて、4つぐらいのエリアに分かれると思います。まずは、当社が本拠地としている、阪急甲陽線エリア、次に進出した阪急今津線エリア、そして、甲子園界隈、あとは香枦園界隈とこんなところでしょう。最近の土地価格上昇の影響を受けまして、4エリアとも順調に地価が上昇していったのですが、ここに来て、エリアの特色が出てきているように思えます。坪単価100万円がやはり一つの節目になっているのでしょうね。甲子園界隈の業者さんにお話をきくと、坪120万円以上はエンドのお客様がついてきてないということです。甲東園・門戸界隈も同様で、冷静に分析すると、サラリーマン層のお客様が主体になっている為、グロス論でひっかかってきているみたいです。ところが、夙川・苦楽園はもう一段階上がったような気がします。土地予算5000万円というお客様がかなり増えてきています。これは、お客様層が、お医者様や業績の良い自営業者さん等の高額所得層がかなり多いからでしょうね。阪急甲陽線はもう一段上がった気がするので、相場動向に要注意です。高額の中古戸建や新築があっさり売れていくので、建売業者さんや事業主さんも、甲陽線にシフトする動きが散見されます。まあ、いずれにしても、物件探しに頑張りますよ!

 物件情報!阪急夙川駅徒歩3分、限定2区画、土地分譲のお知らせです。土地約45坪、価格6300万円です。JR夙川駅にも極至近です。興味のある方はのりぞーまで。

|

« 電通の鬼十則 | トップページ | オーリング »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電通の鬼十則 | トップページ | オーリング »