« 紀子さまご子息ご誕生おめでとうございます! | トップページ | 飲酒運転にご注意 »

2006年9月 8日 (金)

境界のお話

 こんにちはでござんす。いや~、またやっちゃいました。超重役出勤。頭と体がフラフラするざんす。3軒目は、ほとんど記憶がなかったぞ~。というわけで、昨日は、昔から夙川にある、パピヨン屋商事(日本語に直してね!)の3代目S社長とその義兄にあたるMさんと、ポッターと僕で、またまた夜の芦屋に出陣しちゃいました。もう、正直言って、つらすぎっす。朝から、3回ぐらい吐いて、キャベツーとウコンの力とソルマックを一気に飲んで、ようやく復活です。見かけによらず、S社長がノリノリだったのには、驚きです。近々、リングネームを作らないといけないですね。

 では、ふらつく体を奮い立たして、境界のお話にいくざんす。これは、あまり知られてないですが、日本では毎年、1万件以上の境界紛争の裁判があるみたいです。特に、西宮の北部は、震災の影響で、ひどい所では、50センチもポイントがずれてる土地を見たこともあります。お隣同士、本当なら醤油の貸し借りや、マヨネーズの貸し借りをするのが、昔からのご近所の光景だったのですが、最近は、すっごくギスギスします。軒の屋根が越境してるとか、木の枝が越境してるとか、大変です。原則民法では、越境されてる側は、取り除いてもらうよう依頼することは出来るのですが、強制力はないです。勝手に、切ったりすると、所有権の侵害になるので、ご注意です。それに、現実的に、除去するのに、多大な費用がかかる場合も、「権力の濫用」にあたり、逆ねじを食らわされます。木の枝は勝手に切ったらダメだけど、根っこはOKみたいな変な取り決めもありますよ。現実的には、覚書や念書、合意書をまいて、再建築時に境界を守るという約束をするのが一番でしょうね。では、実際に起こった、背筋の凍るようなお話を一つ。

 苦楽園の山手の方で、当社が仲介した、中古住宅のお話なのですが、隣人の人が、震災で、当社の仲介物件の土地が、隣地に寄りかかってきてるから、土地をどけろと、途方もない要求をしてきました。どう考えても、土地が寄りかかるなんて、ばかげた話があるわけもないので、ほっておいたのですが、その隣人はドンドンエスカレートしていき、感情むき出しで、苦情を言ってくるようになりました。あまりにも、しつこいので、何度か話し合いを持ったのですが、こちらの土地が伸びてきてると主張を曲げなく、話し合いも平行線でした。そうしてると、ある日、一通の内容証明が当社に送られてきました。そこには、大弁護士軍団の名前がズラリ!10人のインディアンボーイみたいでしたよ。

♪ひーとり、ふーたり、三人の弁護士、よーにん、ごーにん、ろくにんの弁護士、しちにん、はちにん、きゅーにんの弁護士、じゅーにんの弁護士がズラリー♪

 いままで、弁護士から内容証明を送られたことなんかなかったので、正直ビビリまくりでしたよ。しかも、文面を読むと、その隣人と同じ主張が書いてあるんですよね。あんまり、頭が良すぎても、おかしなことを言うもんだと、やっぱりほっておきました。そうしてると、業を煮やした隣人は、自分で測量士を雇い、実測を開始したみたいです。で、結論からいうと、こちらの土地が寄ってるどころか、その隣人さんの構造物が、こちらに越境してるというい結果になったみたいで、ご主人はあやまっておられました。

 まあ、正直、あのヒステリックな奥様と十人の弁護士軍団には怒りを覚えましたが、まあ、しゃーないですよね。でも、本当は恥ずかしい話ですよね!では、今日はお疲れモードですので、この辺でバイバイ!

|

« 紀子さまご子息ご誕生おめでとうございます! | トップページ | 飲酒運転にご注意 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

何時かのりぞーさんの下で働きたいです。

投稿: | 2006年9月 9日 (土) 09時26分

 おっ!ありがたいコメントですね~。どこのどなたか存じませんが、のりぞーと一緒に働くには、うるさい小姑山下店長の面接に合格しなきゃいけないんですよ。これがまた、大変!なんちゃって、ウソです。いつでも、ドットコムは人材募集中なので、門戸を叩いてください。社員みんなの会社を、有言実行していますので、楽しいと思いますよ。これからも、よろしくです。

投稿: のりぞー | 2006年9月 9日 (土) 10時14分

僕は不動産の経験も乏しく宅建の免許ももっていませんが、ガッツだけはあるつもりです。

投稿: | 2006年9月 9日 (土) 10時55分

『のりぞーさんの下で』じゃなくて、『のりぞーさんと一緒に・・』でしょ!
そんな気持ちじゃあ、一生使われ者で終わりますよ。
それに何時かと思うなら今すぐ行けっちゅうの!
通りすがりの者が出しゃばってすいませんねー。ちょっと気になったもんで。

投稿: 通りすがりの者 | 2006年9月 9日 (土) 10時59分

 以前のブログにも書いたことがあるのですが、僕の会社というもののあり方は、同じ船にのる同志の集まりで、たまたま、船長が僕なだけで、上とか下とか関係なく、それぞれの役割を持った持ち場で仕事をするのが理想です。船長だけでは船が動くわけないのは、当たり前ですよね。それと、人間一人の力なんかたかがしれているので、不動産ドットコムの社員さんは、独立禁止です。というのも、独立して、たまたま成功して、ちょっとお金持ちになってもそれだけでしょう。良い車に乗って、良い時計をして、おいしいものを食べたとしても、むなしいだけですよ。それなら、みんなで力を合わせて、不動産ドットコムを三井のリハウスや東急リバブル、住友不動産といった超大手と並ぶぐらいに成長させた時の、喜びをみんなと共有する方が、何百倍もおもしろいと思います。近々、甲子園か芦屋に3店舗目を出店する予定です。人は何人いても足りません。もし、上記のような考え方をご理解していただけるんなら、いつでもお話を聞きに来て下さい。ヨロシクオネガイシマス。

投稿: のりぞー | 2006年9月 9日 (土) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀子さまご子息ご誕生おめでとうございます! | トップページ | 飲酒運転にご注意 »