« モチベーションと価値観と幸せの共有 | トップページ | 世にも恐ろしい住宅ローン »

2006年10月13日 (金)

いざなぎ景気越え

 おはよーでござんす。戦後最長だった「いざなぎ景気」を今回の景気が長さで抜いたみたいです。企業業績は、日銀の低金利政策やIT投資減税・研究開発費減税などで、追い風となっていますが、家計のほうは?だそうです。

 今回の景気の特徴として挙げられるのが、地域間・企業規模間の格差が大きいことが挙げられます。いわゆる、二極化というものですね。それと、格差が大きいことが一つの要因になってると思うのですが、「過熱感」があまりないということです。

 前回の「バブル景気」の時は、過熱感から一気に崩壊したために、その後の10年間は、失われた10年と言われるほど、ひどいことになりましたが、今回は、緩やかに景況感が続いている為、まだまだ、だらだら続くことが予想されます。短期の金利は上がりましたが、長期金利は、また下がってきているので、急激な金利上昇も考えにくいですね。原油も今年の最安値57ドルをマークしましたし、原油高による原材料費の上昇も織り込み済みでしょう。

 ということで、不動産のほうも、二極化ながら、ゆるやかに上昇するものと思われます。上値も重たいですけどね!

 物件情報!西宮市戸田町。収益用地ですね。地積122.84㎡で更地渡しの10500万円です。病院やテナントビルに向いてると思いますよ。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« モチベーションと価値観と幸せの共有 | トップページ | 世にも恐ろしい住宅ローン »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モチベーションと価値観と幸せの共有 | トップページ | 世にも恐ろしい住宅ローン »