« 恐怖のシナリオ | トップページ | 笑う門には福来る »

2006年11月25日 (土)

パンドラの箱

 おはよーでござんす。ニュースを見ていますと、北海道夕張市が大変なことになっていますね。炭鉱として栄えた町が、閉山後、観光都市として生まれ変わろうとして、脱却後、失敗。多額の財政赤字により、小中学校の閉鎖や、市県民税の増税、図書館や市営老人ホーム等の福祉施設の閉鎖、公共料金の値上げ、公務員の大幅リストラなどなど、町がひっくり返るような大騒ぎになっています。

 テレビ等で、市による住民説明会を見ていますと、市民の方々が、このような状況までほっておいた、市が悪いと、一方的に攻め立てていましたが、本当にそうでしょうか?

 今現在、日本国の国・地方の借金の合計は約719兆円になります。実に国民一人当たり、550万円の借金を背負っていることになります。僕の場合、4人家族なので、実に2200万円の借金を背負っていることになります。

 でも、誰一人、そのことを真摯に受け止めて、是正しようという動きはありません。というより、人事のような感覚です。

 夕張市で起こった出来事は、決して人事ではなく、近未来の自分達にも同じ状況が降りかかることと思います。

 西宮市の場合、阪神大震災直後、人口は約39万人。ところが、平成18年の国勢調査によると、現在、47万人を突破。実に11年間で、8万人の人口が増加しています。かたや、税収の方はどうかというと、平成9年以降、市税収入はずっと右肩下がりで減り続けています。人口は増えているのに、税収は減り続けるという、どう解釈してよいのかわからない状況ですね。

 ギリシャ神話に出てくる、パンドラが開けた箱は、最後の未来をわかってしまう災いを残して、箱を閉めたため、人類は以降、希望だけは失うことなく生きていくことが出来ました。

 世の中や政治や環境が悪いのではなく、希望を持って、自分自身を変えないと、次の世代の明るい未来はやってこないのでしょうね。

 物件情報!年明けの商品の詳細が入りましたので、ご報告させて頂きます。西宮市剣谷町。土地約77.4坪、建て延べ約38.6坪。平成17年築、築浅中古戸建。価格は5000万円台前半で検討中です。興味のある方は、のりぞーまで。

|

« 恐怖のシナリオ | トップページ | 笑う門には福来る »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐怖のシナリオ | トップページ | 笑う門には福来る »