« いじめの構造 | トップページ | 慰安旅行に出発なのだ~ »

2006年11月 7日 (火)

距離感

 おはよーでござんす。ま~た、西宮で事件があったみたいですね。今度は、あらきの森公園みたいです。公園のあちこちに、針金を張って、人間が引っかかるようにトラップを作ってたみたいなんですが、子供たちが怪我したら、どうすんねん!っていう感じですね。西宮も年々人口が増えて、その分、変な人も増えてるんでしょうね。なんだか、最近、どこの場所も安全な場所はないといった感じですね。

 本日は、距離感のお話です。毎日、営業さんとお客さんとのやり取りを見ていて思うのですが、まだまだ、距離感のつかみ方がへたくそだな~と思います。どうしても、営業マンとお客様という関係で接客するので、そこに目に見えない壁があり、本音トークが出来ていないという現状があります。これは、お客様にとっても不幸なことで、物件がのざらしに残っているようなエリアなら別にかまわないのでしょうが、人気のエリアで物件探しをする場合は、営業マンとお客様の距離感が近ければ近いほど、夢への実現により近づくのだと思います。

 例えば、呼び方ひとつとっても違いますよ。お客様、お客さん、@@様、@@さん、あんた、おまえ、あだ名等など、呼び方一つで、距離感も変わります。ためしに、ご家庭でもやってみてください。その時の、顔の表情一つでも、雰囲気は変わりますよ。

 使い方を間違うと、お客様に怒られるので、要注意です。まぁ、要は、「人」という漢字を見れば、一目瞭然です。それぞれが、支えあって、「人」という漢字になるのです。

 物件情報!苦楽園@番町のバス停の近くで、大規模な分譲計画が水面下で動いてるみたいですな。あそこが、開発されたら、見通しが良くなるから、僕は賛成なんですが、29条が難しいでしょうね。この先、苦楽園の番町街はたくさん開発分譲地が出てきますね。どこよりも、早く情報キャッチに心がけますので、楽しみにしていてくださいね。

|

« いじめの構造 | トップページ | 慰安旅行に出発なのだ~ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いじめの構造 | トップページ | 慰安旅行に出発なのだ~ »