« ちょっとウンチク | トップページ | 学校の現場(のりぞーの多事争論) »

2006年11月 4日 (土)

ドル建て金融商品の恐さ

 おはよーでござんす。いや~、昨日は、ちょっと破目をはずしすぎて、お疲れモードののりぞーさんです。そろそろ、精密検査でもしてもらわないと、やばいお年頃だとは思うんですが・・・。にゃかにゃかやめれませんな。

 つい、先日、お近くの銀行さんの支店長さんとお話しする機会があり、大変興味深いお話をお聞かせいただきました。

 バブルの崩壊以降、不良債権処理に追われていた銀行さんも、ようやく一段落がつき、昨今の、株価の上昇等で、貸し倒れ引当金の戻りや、有価証券の含み益などで、物凄い利益を計上している銀行さんも多いです。ただし、その利益の計上の中身が問題で、一過性の引当金の戻りが終わると、また、利益を確保するのに難しくなるみたいです。で、支店長さんがおっしゃてたんですが、今の銀行は、昔みたいに渉外担当が預金獲得にはいずりまわって、そのお金を地元の企業に貸し出しし、そのサヤで儲けるというシステムがなくなってるそうです。ほとんどの銀行さんは、投資信託の販売などの手数料収入が収益の半分近くにもなってるそうです。

 この辺の夙川・苦楽園界隈の住民さんも、この手の投資信託をよーけ買われているみたいで、しかも、ドル建てが多いみたいなんですね。

 確かに、ドル建ての預金・債権・投信は一見、日本のものに比べて、利率が高そうに見えますが、先物時代に嫌というほど、為替の恐さを知ってる僕としては要注意だと思いますよ。

 例えば、100万円を日本で5年間定期預金をしたとすると、5年後に受け取る額は、税引き前で42,500円位です。なんじゃ~、この金利はというところですよね。

 そこで、外貨預金という発想になるんだと思うのですが、大体、外貨預金の場合、年率4%~5%前後。そら、外貨預金のほうがお得やと思っちゃいますよね。でも、ちょっと注意です。

①当然、外貨で預けるわけですから、手数料がかかります。およその目安として、往復で、2円(為替レートで)くらいと思っておきましょう。

②為替が円高に振れると、余裕で元本割れします。

 今、現在の為替レートが1ドル=約118円です。ということは、4%の金利で考えると、4円70銭円高に振れたら、元本が割れるということです。為替の手数料のことを考えると、2円70銭の円高で元本が割れるんですよね。また、この2円70銭なんて、振幅幅は余裕で、一日単位で動きますよ。

 最近の為替市場は、動きがおとなしいですが、本来、欧米のヘッジファンドにとって、扱う運用資金が大きくなりすぎて、運用パフォーマンスを得るためには、為替市場のような大きな資金が動く市場じゃないと、運用できないとう側面を持っています。それに、イングランド銀行にジョージソロス軍団が勝ったように、ヘッジファンドにとって、政治的な思惑は働きません。アジアの通貨危機の時なんか、一日の間に、10円くらい為替が動きましたからね。為替のテロップが点滅するたんびに、1円ずつ円高に振れてたのを思い出すと、とても危なっかしくて、ドル建ての運用なんてしたいとは、思わないはずです。この手の、運用をしている、または、考えてるひとは、しっかりリスク管理をして、最悪のシチュエーションを想定しておかなければダメですよ。

 まぁ~、どうしても金利が低くて、日本の銀行に預ける気になれないかたは、仕方がないので、「のりぞーファンドⅣ型」を販売してあげますよ。運用の8割がスロットで、後の2割は、僕の飲み代に消えます。来年の1月末までの募集期限になっていますので、お早めに申し込まれた方がいいですよ。

 物件情報!お知り合いの、業者さんが、甲陽園@@@町にて、中古戸建の販売を開始されます。価格は例の結婚式場建設で揉めた、木@工務店跡並みですが、確かに、すごい眺望と、すごい建物でした。大豪邸が好きなかたには、いいかもしれないですね。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« ちょっとウンチク | トップページ | 学校の現場(のりぞーの多事争論) »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

 おしゃる通り外貨預金はリスクが高いので経験なし。でも数年前、1兆円ファンドと言われた!あの「ノムラ日本株戦略ファンド」の勧誘にはまった。ファンドマネージャーが優良銘柄中心に選択したもので安心の筈。が後はご存知の通り。もっと下がりそうな気がして解約。設定時基準価格1万円が今どの位に落ちているんだろう。儲けは野村だけか。 ソフトバンクの通話料0円という、うたい文句と同じだわ。メリットしか言わん。カラクリだらけ。 3連休は孫に会いに東京に行きました。ダリ、エルミタージュと美術館にも。表参道、六本木ヒルズ、行く度に新しい建物に合うお台場等。疲れた~。

投稿: マキシム | 2006年11月 6日 (月) 22時46分

 もともと、投資信託は、各証券会社の自己ディーリング部門が損失の出た銘柄を混ぜて販売していた、いわく付の商品ですから、勝っても、負けても、自己責任になるものをやったほうが、納得いきますよ。ソフトバンクは、調達コストが高すぎるのと、ボーダフォンがビックリするぐらいの値段で買収した上に、思うように¥0の携帯加入率が伸びてないので、自滅するのは時間の問題でしょうね。

投稿: のりぞー | 2006年11月 7日 (火) 14時28分

 おはようございます。 いつも分かりやすい解説で感服です。これまでの投資は知識に自信の無い事は鵜呑みにして、失敗の繰り返しだったので今勉強中です。いつも売買するのでなく年2~3回位?大きなチャンスが訪れる勝てる可能性が高い時だけ、投資するスタイルに体質改善中です。 今後も素人投資家に参考になるテーマも是非、取り上げて下さい。

投稿: マキシム | 2006年11月 8日 (水) 10時29分

毎度です。投資の心得は、「人の行く裏に道あり花の山」です。心眼で物事を捉えれば、おのずと成果も上がってきますよ。一番は、やらないことですけどね。

投稿: のりぞー | 2006年11月 9日 (木) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとウンチク | トップページ | 学校の現場(のりぞーの多事争論) »