« 甲陽園が溢れてる!? | トップページ | 子供を産む機械? »

2007年1月29日 (月)

法律と現状認識のずれ

 おはよーでござんす。昔、ある上司に言われた一言が、今でも心に残り、頑張ろうという気持ちを奮い立たせてくれます。

 「仕事をする人間ほど、悩みが深く、多くなる」

 含蓄のある言葉ですよね。営業も、お客様がほとんどいなければ、悩むことも、トラブルもなくてすむのですが、仕事を多くこなす人間ほど、処理しなければいけないことや、帰宅時間も遅くなります。結局、責任感の問題なんでしょうね。

 のりぞーの場合、なんでか知らないですけど、自分の仕事の範囲を超えて、色々な処理を頼まれることが多いです。性分なんでしょうね。ついつい、「わかりました。まかせておいてください。」って、言っちゃうんですよね。今度から、別料金をと~ろおっと。

 上記のお話にも、連結するのですが、最近、現実の世の中の認識と法律のずれを感じる37歳です。

 例えば、宅地造成等規制法という法律があります。簡単に言うと、

 「宅地造成に伴う崖崩れ又は土砂の流出による災害の防止のため必要な規制を行うことにより、国民の生命及び財産の保護を図り、もって公共の福祉に寄与することを目的にする法律」

 なんですが、作られたのが、昭和36年と大昔の骨格の法律なんですよね。また、西宮市の北部は、山間部が中心で、ほとんどがこの宅地造成等規制法のエリアなのですが、僕が知ってる範囲で、ほとんどの擁壁がこの法律の許可済みを持っておりません。

 じゃ~さ、宅造の許可の無い擁壁の地盤の上に、建っている、建築確認申請の許可済みのあるお家は、違法構造物になるのか?

 最近の新築のお家は、建築確認申請の段階で、擁壁の済証が無くても、安息角まで杭を打ち込んだりすることにより、最悪のケースを想定した許可申請がなされていますが、ほんの数年前までの家なんかは、許可のない擁壁の上に、家が建っていて、安息角まで杭が打ち込んであるかどうか??な家も多いのが現状です。

 宅造の許可はないけど、建築確認申請で許可が降りている。はてさて、違法なのか合法なのか?現実の世界との認識のギャップに悩むところですし、今の所、大手不動産会社も、そこまで厳密に告知は行っていないのが現状です。

 なんだか、不動産って、やればやるほど、知れば知るほど難しくなってきますね。まぁ、頑張りますわ。

 物件情報!甲陽園西山町で現在、交渉中の物件がありやんす。土地約80坪。南向きで、眺望も抜群です。価格交渉中ですので、興味のある人はのりぞーまで。

 

|

« 甲陽園が溢れてる!? | トップページ | 子供を産む機械? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

のりぞーさんの記事興味深く拝見させていただいております。
西山町物件興味ありです。情報をいただきたいのですが、どのようにすればよいですか?

投稿: 旅ひと | 2007年1月30日 (火) 00時35分

 コメント及び、読んで頂きありがとうございます。西山町の物件の詳細ですが、現在進行中の物件のため、ブログ上に公開することは出来ません。ご興味がおありのようでしたら、下記ホームページのお問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。もしくは、電話でもいいですよ。今後ともよろしくです。

http://www.fudosancom.jp/

投稿: のりぞー | 2007年1月30日 (火) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲陽園が溢れてる!? | トップページ | 子供を産む機械? »