« お前を泣かす~、俺は中洲~! | トップページ | 全国の売買仲介実績 »

2007年1月25日 (木)

口コミとネットと第三者話法と風評の威力

 おはよーでござんす。行って来ましたよ、中洲!ご飯を食べて、飲んで、屋台でラーメン食べて、帰ってきたんですけどね・・・。ハードスケジュールすぎて疲れ果てました。感想は、すっごい活気に溢れてましたね。地方都市の底力を実感しました。

 ある小説を読んで深く考えさせられたのですが、今後、真剣に取り組んでいかなきゃいけない課題が、「口コミとネット」です。

 ここ最近、2チャンネル等の掲示板の告発を通して、事件やニュースになっていく経緯が増えてきています。匿名性なのをいかして、内部に精通している人しか知りえない情報が、不特定多数の人の目にさらされ、一気に広がっていきます。不動産業界でも、マンション建設反対系のサイトや、某大手不動産仲介業の不買運動系のサイトは大盛り上がりの様相です。真実が書かれてることもあると思うのですが、噂や推測の話もあるのではないかと。

 また、口コミの方も、大なり小なり同じようなものです。「あそこのパン屋おいしいよ!」みたいな、肯定的な口コミならOKなのですが、やはり誹謗・中傷的な口コミの方が早く・広く伝達します。有名どころでは、「口裂け女」「人面犬」などの都市伝説系や、某大手ハンバーガー屋さんが言われた、「猫肉や食肉用のミミズ」などでしょうね。僕も、中学校の頃、そのはなしを聞いて、しばらくハンバーガーを食べれなくなちゃいましたもんね。

 それと、もう一つ威力を発揮するのが、第三者話法です。噂や推測の話に、第三者を登場させ、「どこどこ大学の教授が言ってた」とか「@@新聞にのってた話やけど」とか「本社の会議で出てきた話やけど」等、前文に上記の文句をつけるだけで、信憑性が一気に跳ね上がるような錯覚におちいり、その話が、また尾ひれがついて広がっていきます。

 不動産業界の場合、とにかくおしゃべりが好きな人が多くて、そういった噂や小話が一気に広がります。実は、その手の話が相場を動かしていることも多々あります。「苦楽園筋の@@の物件が坪単価@@万円で売れたらしいよ!」という噂が、めぐりまくって、途中、オーバーな値段になり、やがてそれが定着します。坪10万円~20万円クラスの事実と違う値段の乖離なんてざらにあります。そして、その話が、営業さんからお客様に伝わり、やがて相場になっていくんですね。逆も真なりで、「@@@のエリアは、まったく値段が上がらんようになったらしいよ。」という話も一気に広がります。元をただせば、案外、たった一人の事業主さんがつぶやいた一言かも知れないですよね。

 今後は、このような口コミとネットを上手に使い、また取捨選択する目を養う事が大事なんでしょうね。

 物件情報!まぁ、のりぞーが書いてる、このブログも、案外、相場を作っていたりして。(≧◎≦)阪急甲陽園駅徒歩6分。中高層エリアで、土地約40坪。坪単価85万円ぐらいで、いけるみたいです。興味のある方は、のりぞーまで。

|

« お前を泣かす~、俺は中洲~! | トップページ | 全国の売買仲介実績 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お前を泣かす~、俺は中洲~! | トップページ | 全国の売買仲介実績 »