« 最近の広告 | トップページ | ひろみの唄 »

2007年1月21日 (日)

狭小地を考える

 おはよーでござんす。いや~、あるある大辞典には騙されましたね。納豆食べたら、血液サラサラダイエットがまっかな嘘だったなんて・・・。まぁ、本日のお昼ご飯も、とりあえず、いちまついちの納豆を食べときましたけどね。うまい!!

 緊急のニュースざんす。僕のお友達の不動産屋さん、「S都都市開発」さんのところに、昨日、泥棒が入ったざんす。簡単に進入できるみたいですね。被害金額はしれてるみたいですが、「飲み代に使ってたら良かったわ!」と朝から叫ばれてました。最近、うちの社員さんの車も、立て続けに2台車上荒しにあって、なんだか治安が悪いですね。皆さんも、注意してくださいね。

 今日は、狭小地について考えていきたいと思います。最近の地価上昇を受けて、都心では、中古住宅でも、とんでもない価格になっています。お友達のU店長が研修で東京に行った際、見た広告には、22億円の中古住宅のオープンハウスが掲載されていたみたいです。恐るべし、東京!

 ここまで値段が上がると、普通の土地を探しても、予算という壁にぶつかってしまいます。故に、専用通路(旗ざお型の土地)とか、地形の悪い土地とか、狭い土地の有効利用が東京では流行ってきているみたいです。ネットで「狭小地」と入れて、検索してみてください。一杯出てきますよ。

 例えば、狭小地なんかの場合でしたら、地下を掘り下げて、延べ床を増やす工夫をしたり、専用通路の部分に玄関を延ばして持ってきたりとか、色々工夫することにより、予算を抑えて、快適な住空間を作っています。

 いままで、地形が悪いからといって、単純に毛嫌いしている人が多かった思いますが、プランの工夫によっては、面白い家が出来上がると思いますので、是非、トライしてみてください。

 ちなみに、評価的には、普通に間口のある土地の80%~70%ダウンが近代流通センターの指標みたいです。

 物件情報!苦楽園口通りに面したところで土地の情報です。土地約30坪。坪単価約220万円強。人気のある北夙校区ですよ。興味のある方はのりぞーまで。

|

« 最近の広告 | トップページ | ひろみの唄 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の広告 | トップページ | ひろみの唄 »