« 事業への道 | トップページ | 信用情報 »

2007年1月16日 (火)

興味と好奇心

 おはよーでござんす。今日は、朝からカルチャーショックを受けてきましたよ。

 多分、今、西宮市で一番建売件数を建てられてる、H社のK社長のところに、太った魔娑斗社長(コードネームG)と行ってきたのですが、大変、勉強になりました。

 まず、一番すごいな~と思ったのは、あれだけ成功されているのに、現状に満足していないという点ですね。多様化する、お客様のニーズに答えるために、次々と、新しい試みにトライされてました。

 屋上緑化とか、RC造とか、一番笑ったのが、花屋さんの卸の資格でしたね。花屋さんでも始めるのかな~?

 K社長曰く、「出来上がりの商品をポンとお客様に、ただ単に渡すだけでなく、限りなくお客様の要望に答えてあげれる様に、セレクトショップみたいになりたいねん!」のお話には、この先、僕らも真剣に取り組んでいくべきポイントがあったような気がします。

 流行やブームというものは、一過性のものが多いので、いかに、コストを抑えて、お客様のニーズにどう答えていくのかが、一つのキーになっていくんでしょうね。

 しかし、あのパワーの源は、興味と好奇心にあったんですね。

 物件情報!大社小学校区にて、日本家屋風の優雅な建物が出現です。土地も広いよ!車庫はゆうゆう2台、価格は12500万円~13000万円ぐらいかな?場所的にも、町の雰囲気もすごくいいです。詳細や興味のある方はのりぞーまで。

 

|

« 事業への道 | トップページ | 信用情報 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

ハウスウェディングのテイクアンドギブニーズも今後はブライダルだけではなく総合生活産業として住居の提案やインテリアの販売まで手がける様ですね。
不動産会社も住居だけを販売するだけではなく、その後の生活を提案し、それに関わる商品を販売できる様にならないといけないと思います。
のりぞーさんはどう思いますか?
不動産屋さんがソファーを販売したり、お部屋に合う花や植物を販売するのも楽しいと僕はおもいます。

投稿: ちびちゃん | 2007年1月18日 (木) 17時14分

 実は、上記の内容は、上乗せ販売といって、松下電器がもっとも得意とする商法なんですよね。

 以前の教材販売の時に、この上乗せの売り上げが爆発的に伸びたのを経験しているので、いずれ取り組みたい商売だとは思うのですが、たくさんの問題点があると思います。

 今、世の中の風潮として、反社会的な商売は徹底的に叩かれています。不動産の場合でしたら、当社の場合、地域密着のプロとして絶対的にお客様のニーズと満足にこたえることができる自信があるのですが、その周辺の付属商売となると、自社開発をするわけにはいかないので、どうしても下請けか代理店商売しか出来なくなると思います。

 その場合、不動産で得た、顧客の信用に耐えうるだけの付属商品を提供できるのかということです。

 でも、いずれ取り組まないといけない商売ですね。また、面白い話をよろしくおねがいします。

投稿: のりぞー | 2007年1月18日 (木) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事業への道 | トップページ | 信用情報 »