« 市況報告 | トップページ | 時間の概念 »

2007年3月22日 (木)

腹の立つ物確

 おはよーでござんす。今朝は、朝から不愉快な電話にプンプン状態です。

 以前にも、書き込みましたが、当社の場合、原則的に、当社専任の物件は仲介OKにしています。当然、顔見知りの所や、仲の良い会社さんとは、お互いが仲介できるようなネットワークを作り、互助的な考えで物件の市場流通性を高めようと考えているのですが、当然、先方が仲介不可にした場合は、当社も防御の一環として、仲介不可にならざるをえません。

 今朝の電話は、一度も面識も無い、電話ですらお話したことも無い会社さんからかかってきました。

A社:「物件確認よろしいでしょうか?@@町の@@@万円の物件なんですが・・・」

のりぞー:「(ん!?)」

のりぞー:「当社の人間から、資料が渡ってますか?」

A社:「いえ、そういうわけではございません。」

のりぞー:「なら、なんで物件確認になるんですか?」

A社:「私は、そういう風に言われてるものなので、わかりかねますが・・・」

 多分、事務員さんだったのでしょうね。これ以上言っても仕方が無いので、もう一度、確認してからお電話くださいと切ったのですが、腹がたって仕方がないですね!

 物件の仲介がしたいのなら、正直に、「仲介いいですか?」もしくは「紹介してもいいですか?」と言ってくれれば、「どうぞ、どうぞ。」とできるのに、上記のような引っ掛けで来られたら、意地でもしたくなくなります。それに、売り側も買い側も仲介手数料は同じ金額です。ただし、長い期間の駐車場の管理から販売依頼を受けたり、先代の相続のお世話をマメにして、その結果売りの依頼をうけたりする物件の苦労を理解しているのか?

 「売主さんにしてみれば、少しでも早く売れてくれればありがたい。」という論法は理解できるのですが、そこに、いろいろお世話をなされた業者さん達の苦労への理解と感謝の気持ちを忘れたら、ただのお金に踊る人間に成り下がってしまうと思います。

 本当に、上記のことを理解しているのなら、電話一本で済ますような行為はとらないと思うのですが・・・。本当にお客様がおられて、どうしても仲介がしたいのなら、まず、出向くのが筋なのではないでしょうか?

 本日の話は、お客様には関係無いと思われるかもしれませんが、各担当マンたちは、日々そういった状況の中を、頭を下げ、少しでも多くの選択肢の中から物件探しをしてもらおうと頑張っているということです。

 物件情報!なにげにレインズを叩いてたら、ある事実が判明しました。阪急甲陽線と阪急今津線の戸建て検索で、一番価格の低い物件は何でしょう?

 答えは、ハリー・ポッター作の上ヶ原の新築でした。価格は2980万円。土地66.79㎡、延べ床106.60㎡。新築が一番安いとは・・・。ある意味、稀少物件ですね。ではでは。

|

« 市況報告 | トップページ | 時間の概念 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

販売機会をフイにするこんな業者には仲介を頼みたくないですね。

投稿: | 2008年12月10日 (水) 19時37分

 う~ん、難しいコメントですね。
 どっちにも意見がとれます。
 ただ、大事なことは、社会人としての礼節がなければ、どちらにせよ商売は上手にいかないという経験則からの文章でした。

投稿: のりぞー | 2008年12月12日 (金) 09時36分

大家ですが、こんな不動産屋さんには頼みたくないって思ってしまいました。

投稿: | 2017年6月 7日 (水) 09時37分

コメントありがとうございました。

投稿: のりぞー | 2017年6月10日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市況報告 | トップページ | 時間の概念 »