« 帰ってきましたよ! | トップページ | THE 相場観 »

2007年4月14日 (土)

その先にあるもの・・・

 おはよーでござんす。キタッー!!vv(゜Θ゜)vv!!!! 天気予報を覆す、めっちゃ晴れですよ~!!よかった~!今週は、広告を入れてるから、晴れてよかった~!

 ポチットな↓

http://www.fudosancom.jp/weekly.html

http://www.fudosancom.com/weekly.html

 今週は、芦屋市東山町の中古物件なのですが、前所有者の色彩感覚が!?趣味だった為、外壁の塗装を白をベースにした全面塗装に塗り替えて、更に、値下げをしてのお出迎えです。これで、大分、割安感がでたと思うのですが・・・。

 それと、甲東園出張所の方は、上甲東園の中古戸建をリフォームしながらのお出迎えとなっとります。ドシドシ、ご来場・ご来店してくださいね!

 今日は、「その先にあるもの・・・」というタイトルで考えます。のりぞーは、2週間に一回程、ある不動産業者さん達と、「未来を考える会!?」なる会議を行っています。のりぞーのところの会社と違って、そこの社長さん達は、社歴も長く、売上も比較にならないほどですし(50倍くらい(^O^))、社員さんの数も多く、何もかもが、圧倒的なほど、先に行っておられます。

 にもかかわらず、上記のような会議を開き、更に前へ、更に進歩をと考えられているようです。多分、使いきれないほどの個人資産もお持ちでしょうから、働くモチベーションの維持をどのようにするのかと不思議に思います。

 「どうせ、墓場までもって行かれへんねんから」というセリフは、よく聞くのですが、それでも働き続ける意味ってどこにあるんでしょうか?

 頑張って、頑張って、働いて、働いて、日本一になって、世界の5本の指の資産家になって、最後、どうなるのか?

 ビル・ゲイツも、ジョージ・ソロスも、ウォーレン・バフェットも、みんな抱えきれないほどの資産を持って、結局、寄付・寄贈をしています。うがった言い方をすると、「人にお金を上げるために働いている」ということになります。結果論でしょうが、そんな理由で、働く人はいませんよね。

 ということは、多分、価値観が違うのだと思います。彼らは、そこにいたるまでの経緯が好きなんでしょうね。最初は、「一儲けしよう!」という動機で始めたのは間違いないと思います。でも、段々、会社が儲かっていくにしたがって、自分のしている仕事に別の意味づけをしないと、精神的にもたなくなったんだと思います。

 まぁ、のりぞーの場合、まだまだ、「いっちょ、儲けるか!」の範囲から出ていないですが、社会的な意義も見つけながらの仕事も、今後は、していかなきゃいけないなと思うのでした。

 物件情報!菊谷町で派手な物件広告がでてますね~。一種低層での可能性が楽しみです。

 苦楽園5番町プロジェクトの工事が進行中です。もうすぐ、形になりますので、見にきてくださいね。

 

|

« 帰ってきましたよ! | トップページ | THE 相場観 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰ってきましたよ! | トップページ | THE 相場観 »