« 久しぶりに弱気になりやした。 | トップページ | 苦楽園食べ歩き日記 »

2007年5月28日 (月)

ん!?雲行きが・・・

 おはよーでござんす。すがすがしい朝ですね。北九州市では、光化学スモッグ注意報がでたとか。頼むで~、中国さん。このまま、中国が高度成長を続けたら、西宮に光化学スモッグが出るのも時間の問題でしょうね。

 さて、話は不動産に戻りますが、大手デベロッパーさん達の間で、なんだか雲行きの怪しい話が横行しているみたいです。

 まぁ、結論から言うと、やりすぎた感があるので、仕方がないことですが、巻き込まれるのは、まっぴら御免なすってていう感じですね。

 以前にも、書き込みましたが、僕の持論では、不動産は3つに分類されますと。一つは、ファンドやリートなどの、不動産を投資と捉えた商品系で、金融監督庁の管理下に置かれ、消費者保護の観点等から、規制が厳しい方向に向かっているみたいです。生保や損保、一時期流行した変額保険や株の投資信託みたいに、説明不足による消費者からのクレームや相談件数がうなぎのぼりに急増しているみたいで、政府及び行政は、対応に本気で乗り出してくることでしょうね。

 次に、事業者系の不動産です。マンションデべや大手分譲業者が、土地から仕入れて、マンションや戸建てに加工をし、それを販売するのですが、ここに来て、不動産とは別要因での大きな誤算が発生しています。それは、「建築資材の高騰」です。全ての原材料になりうる、原油は、比較的1バレル60ドル~70ドルの間で高値安定しているのですが、ガソリン価格の高騰が、全米で止まらないみたいです。金属原料にしても、ここ数年で4倍~5倍の値上がりをしています。というのも、やはり、中国・ロシアの高度経済成長の影響で、建築ラッシュがとまらず、需要増大から、慢性的な値上がり傾向にあるみたいですね。

 ちょっと前のニュースに、釣鐘が盗まれたとか、ガードレールが盗まれたなどの事件が流れましたが、これらは、警察に捕まるリスクに対して、中国に売って儲ける方がお得という証です。

 原油製品や金属原料だけにとどまらず、食料、木材等のありとあらゆる資源が凄いピッチで値上がりしています。

 その結果、デべさんや戸建て業者さんにとって、建築資材が約10%~15%ほど上昇し、事業計画そのものに支障をきたす現象が起こり始めています。10%というと、事業者さん達にとって、利益見込みの大半を削られる形になる可能性が強く、本来であるなら、建築した後に、ファンドに売却したりする予定が、金融機関の償還期間もせまり、土地のみでの売却ラッシュも噂されています。お~恐。

 最後の一般最終エンドさんの実需の方はと言いますと、相変わらず需要の方は旺盛です。通常仲介に出ている物件も少なく、常時品薄感があります。一般の売主さん達もその辺のことをよくご存知で、常に強気な希望販売価格をおっしゃられています。どちらかと言うと、売主業者の物件の方が、比較的、相場に沿った販売価格をしている気さえします。

 ただし、需要の最終エンドの購買マインドは、どちらかと言えば、大衆心理なので、何かのニュースや事件で、一気に冷え込むこと(買い控え等)も考えられ予断を許さない状況には違いないでしょうね。

 まぁ、日本の場合は、金利の上昇という、切っても切れない要因があるので、時間軸が解決してくれることでしょうね。

 何事も、ほどほどにということですね。

 物件情報 !甲陽園目神山町にて土地が出そうですね。あそこのエリアは最低敷地面積が330㎡以上なので、比較的ゆったりした家作りが出来ますよ。お値段の方も、約坪30万円とリーズナブルですが、造成費がくせもんです。興味のある人は、のりぞーまで。

 

|

« 久しぶりに弱気になりやした。 | トップページ | 苦楽園食べ歩き日記 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに弱気になりやした。 | トップページ | 苦楽園食べ歩き日記 »