« 住宅ローンの金利上昇 | トップページ | 進化論 »

2007年7月 1日 (日)

地域の特性

 おはよーでござんす。朝鮮総連の元公安調査庁長官が、とうとう詐欺罪で逮捕されましたね。捜査が進むに従って、この元長官が資金的に苦しくて、計画的に行った犯行であることがわかってきて、まさに、捜査のTOPが犯罪を起こすという、世も末の状態になってきましたね。ばれるに決まってるのに、何考えとんでしょうね!お粗末!

 不動産ドットコムでは、狭いエリアを限定に店舗展開をしています。阪急甲陽線は苦楽園店が担当し、阪急今津線は甲東園出張所、芦屋・東灘の南部は、芦屋・東灘出張所が担当しております。会社によっては、余裕で1店舗でカバーできる範囲だと思います。

 当然のように、家賃、駐車場代、事務員さん、電話代、コピー機のリース代等々、固定経費も3倍になります。すごく不経済な面もあるのですが、逆に、物凄いメリットもあります。

 それは、狭いエリアを限定に営業活動をするために、物凄く地域の特性に強くなれるという面です。例えば、水利関係の組合や、強烈な自治会、建築協定、私設の道路管理団体、水道の私設管、建築をする際必ず出てくる議員さん、公図の混乱地区などなど、不動産には、見た目ではわからない複雑な権利関係がたくさんあります。

 市役所で調査しても出てこない問題も結構あり、こればっかりは、経験がモノを言います。何度も何度も、組合や団体に顔を出していると、嫌でも向こうも覚えてくれ、キチンと地元のルールさえ守れば、かなり時間の短縮がはかれる場合もあります。また、一度、信用がつけば、次からはかなり融通を聞いてくれる場合もあります。

 このように、特に、背後に山を背負う街では、通常の調査ではすまない、プロの判断が必要な場合もあり、そういった時には、地域密着の強みが発揮される場合が多いです。

 一生に一回の買い物ですから、しっかり調査しないとね。西宮の北部は、のりぞーがアドバイスしますよ!(^O^)

 今日は、忙しいのでこれにて、おしまい!おっ!

|

« 住宅ローンの金利上昇 | トップページ | 進化論 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住宅ローンの金利上昇 | トップページ | 進化論 »