« 業界の常識・世の中の非常識 | トップページ | アリとキリギリス »

2007年9月 7日 (金)

けれんみのない

 おはよーでござんす。昨日は、一日、色々なことがありました。詳細は、省くとして、頭の中を、「けれんみのない」というフレーズがグルグル廻りました。

 「けれんみ」とは、漢字で「外連味」と書き、意味は、「はったりを利かしたり、ごまかしたりするようなところ」になります。つまり、「けれんみのない」とは、「はったりやごまかしをしない」という言葉の意味になります。

 人間は、傷つけられたくない生き物です。だから、初対面の人や、まだ仲良くなってない人と接したりするときに、自分を大きく見せようとしたり、優秀に見せようとしたり、はたまた卑屈になったり、おべんちゃらを使ったりと、普段と違う自分を無意識に演じてしまいます。

 その結果、どういう事態が起こるのかというと、人間関係に壁ができ、ギクシャクしてみたり、はたまた、うまいこといかない理由を相手のせいにして逆恨みしてみたり、摩擦を恐れるあまりに疎遠になったりします。

 悲しい生き物ですね。すべての中心が自分にあり、物事の思考が自己中心的で、自分を守るために、自分を正当化します。何が正しくて、何が間違っているのか?の正常な判断ができなくなります。お客様の欲しているモノが何で、その為に、どいういう気配りをして、その行為に責任を持つという、最低限の接客業・営業ということができないんでしょうね。

 「けれんみのない」 驕らず、怒らず、卑屈にならず、自然体で、お客様に接し、悩みを共有し、喜びを共有し、夢を共有して初めて、営業職という仕事の誇りと楽しみを理解できるのです。上っ面だけの、体面の良い、人間関係だけでは、本当の営業はできないですよ。歩合が欲しいだけの営業なら、今すぐ辞めた方がいい、名誉が欲しいだけの営業なら今すぐ辞めた方がいい。本当の営業をしたいのならね。

 金を追いかける人は金が逃げていくし、トラブルを恐れる人には、トラブルがよく来るし、名誉欲が強い人は、人から後ろ指を指される。こんな簡単なことに気付かないんですね。少なくとも、のりぞーは「けれんみのない」生き方をしようと強く思うのでした。

 今日は、おしまい。

|

« 業界の常識・世の中の非常識 | トップページ | アリとキリギリス »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 業界の常識・世の中の非常識 | トップページ | アリとキリギリス »