« セキュリティー村・教育村 | トップページ | 困ったちゃん »

2007年10月26日 (金)

不動産上昇要因・下降要因

 おはよーでござんす。昨日、のりぞーは、生まれて初めて、「オカマバー」なるものを体験いたしました。当然、接待と言う名のお仕事で行ったのですが、世の中に、あれほど面白い場所が存在するのだと、軽~く、カルチャーショックを受けた次第であります。色んな人達が、それぞれの立場で頑張ってるんだなと、改めて、自分も頑張らねばと、心に誓うのでした。

 教訓:オカマだけに、玉げた!

 え~、話は変わりまして、目先の株価が右往左往するなか、今後の不動産の価格が上昇するのか、下降するのかを予想する為に、ファンダメンタルのみで、考えてみたいと思います。

~上昇要因~

①日本国の金利上昇による資産インフレ

②人気エリアの供給不足・需要堅調

③住宅ローンの審査軟化

④賃貸相場との比較

⑤ドル資金逃避からの日本国への流入

⑥好業績による所得増

~下降要因~

①米国サブプライムローン問題

②クレジットクラッシュ

③住宅ローンの審査が厳しくなる(今後の予想)

④人口減少による世帯数減

⑤リートの崩壊

⑥新築分譲の供給過多

 等などですかね~。上がるも八卦、上がらぬも八卦。一喜一憂せずに、居住中心の物件探しが、大事なのかもしれないですね。

 物件情報!なかなかピリッとした物件がないですね~。ポロポロ山手の方は、出てきているのですが、グロスが大きくなりすぎて今一ですしね~。門戸厄神の方で、仕込んでる物件が本決まりしたら、面白そうですよ。ではでは。

|

« セキュリティー村・教育村 | トップページ | 困ったちゃん »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セキュリティー村・教育村 | トップページ | 困ったちゃん »