« 様々なルール | トップページ | 忘年会だらけで死亡中 »

2007年12月13日 (木)

生きてる意味

 おはよーでござんす。ふぁ~、午前9時に始まった、ミーティングが、現在4時ですが、たった今終わりました。なげ~、年末で暇になったというのもありますが、長かったです。でも、かなり有意義でした。

 相変わらずのテーマは、「人とのつながり」なのですが、何十回も何百回も表現を変えて、伝えていかないと伝わりにくいものなんですね。まぁ、のりぞーは、しつこいから平気ですけどね!(^O^)

 お客様関係の営業をしていると、色々な試練にぶちあたります。些細なことで、クレームになったり、信頼が築けてると思ってたお客様が、ある日、全然違う所で購入していたり、購入申し込みを書いたお客様が、簡単にキャンセルしたりと、営業さんの心痛める現象は、日常茶飯事おきます。

 それを、相手の責任にせずに、何故なのかを自問自答できないと成長はしません。では、一体、何故なのか?

 答えは、『縁』が弱かったからです。本当に相手のことを思い、本当に相手の為に提案し、本当の人付き合いをしていたならば、そういった現象は少なくなるでしょうし、対処のしようもたくさんあると思います。心のどこかに、自分の成績の為にとか、名声の為にという下心や卑しい心があると、強く出ることも出来ないし、やりきった感もなく、何か後ろめたいものが生まれます。うわべだけの付き合いでしかないから、うわべだけの返事や行動が跳ね返ってくるのだと思います。がっぷりよつに付き合った人間関係は、そう簡単にはくずれないですよ。がっぷりよつの人間関係だからこそ、お客様と営業という立場をこえて、人としての付き合い方が出来るのだと。

 これは、何も、お客様と営業という立場だけの話ではなく、普段の会社内においても、上司と部下という関係や、同僚という関係においても、家族内においても言えることだと思います。

 「心の底からありがとう。」と言える環境・関係、言ってもらう環境・関係。だから、生きてる意味とは、「教える・伝える」ことにあるのだと思います。今まで、教えてくれた、親や上司、先輩、お客様に感謝をし、その感謝の意を、後輩や部下、はたまた新しいお客様に「教える・伝える」ことによって表現し、それが存在意義になるのだと思います。

 文化や伝統の継承のように、そうやって人類は発展してきたのだと思います。ギブ アンド テイクではなくて、ギブ アンド ギブにより、その内の何分の1かでも返ってくることを喜びに思える生き方こそ、生きてる意味なんじゃないかな~と思うのでした。

 物件情報!マンション情報です。甲陽園アーバンライフ・サウスヒルズ、売り物件がでそうです。3000万円台中盤かな~。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 様々なルール | トップページ | 忘年会だらけで死亡中 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 様々なルール | トップページ | 忘年会だらけで死亡中 »