« おしりかじり虫 | トップページ | 少子高齢化の社会構造 »

2008年1月29日 (火)

振るい落とし完了(買い場到来)

 おはよーでござんす。しとしと、雨が降っとりますが、やりますよ~。恒例のフットサル~ぅううう。本日、夜7時から、いつもの芦屋浜のミズノにて。遊びに来てくださいね。

 さてさて、昨日の日経平均は500円を超える下落で、終値ベースで13,087円。1月22日につけた、12,572円(1番底)と昨日の安値の13,087円(2番底)にて、底打ち完了ですね。

 ここからは、年末に向けて、底練をしながら、緩やかに上昇基調に入ってくると考えられます。ターゲットは、日経平均16,000円台というところでしょうか。しかし、きつすぎる調整でしたね。(^O^) 一気に、全員のマインドが冷え切った所が、大底というわけですね。同業種の中でも、優良な銘柄を探して、コツコツ買い場が出てきてますよ。

 では、不動産市況で考えてみます。ここ数年の上昇相場を支えてきた、いわゆる不動産業者による不動産購入。それが、昨年の7月をピークに、年末にかけて、金融機関それもメガバンクと一部信用金庫による、思い切った資金回収(融資剥がし)により、建設業、不動産業ともに、ボコスカ倒産が相次ぎました。中には、「えっ!?あの有名な・・・」なんてところも、コロッといっちゃいましたしね。

 ただし、いっちゃった会社のほとんどが、無茶な値段での高買いをやってたり、収益を生まない自社ビルを購入していたり、代表者が無謀な散財を繰り返したりと、潰れるべくして潰れたところだと思います。多少、下落相場で損切りを余儀なくされた現場もあるとは思いますが、現存する阪神間の不動産業者は、赤字転落してない限り、購入体力は残っていると思います。

 ただし、事業マインドそのものは、強烈に冷え切っているので、積極果敢な購入は、しないでしょうね。超低金利が続き、相変わらず貯蓄思考(個人金融資産1500兆円)が高い日本国民の国民性を考えれば、金融機関に低金利にも関わらず、潤沢な資金が集まる以上、金融機関も貸し出しをせざるを得ません。

 成熟しきった製造業に、設備投資の需要がない以上、金融機関にとって、手っ取り早い、しかも、確実な投資先は、不動産しかないという結論になり、またぞろ、不動産市場にカネが回りだすという状態が生まれるでしょうね。

 サブプライムローン問題や、株価の下落で、売主さんのマインドも、事業主さんのマインドも冷え切っている、ここ1・2ヶ月が、絶好の不動産購入の時期が到来したということでしょうね。

 株価(日経平均)が、15,000円台を回復する夏場ごろには、「なんやったんやあの下落は?」と笑いながら、不動産購入を積極的にしてる事業主さん達の姿が目に浮かびます。(^O^)

 エンドさんも、事業主さんも、ちょっと弱気で相場が下がってる、3月までの仕入れ(購入)がチャンスだと思いますよ。万が一、クレジットクラッシュが来た時は、円もドルも不動産も証券も、関係なくなりますからね。あくまでも、世界市場は、調整を入れながらでも、緩やかに成長を続けるという大前提にのっとたシナリオです。

 当たるも八卦、当たらぬも八卦の、のりぞー予想でした。

 物件情報!低額中古マンション市場が、飛ぶように売れ続けています。新築マンションとの価格差が生み出した現象ですね。しばらくは、この勢いが続きそうな気配です。春先に向けては、ようやく5000万円以上の物件が動き出すことだと思います。西宮は、「ナイから理論」が通用しますからね。というわけで、少し山の手のネタを。甲陽園山王町。土地約150坪。平成13年築の、築浅の中古(延べ床約40坪)のお家がのってます。価格は、驚きの5680万円です。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« おしりかじり虫 | トップページ | 少子高齢化の社会構造 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

 こんばんわ。投資戦略、読みどうりの相場ですね~。鋭い分析に頼っています。有難うございます。とり合えず5日線に耐えました。

投稿: ころっけ | 2008年1月29日 (火) 22時56分

 毎度です。ここからは、忍耐のいる底練の時間帯ですので、気長にですね。
 意外と、日本は強いですよ。

投稿: のりぞー | 2008年1月31日 (木) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おしりかじり虫 | トップページ | 少子高齢化の社会構造 »