« 質への逃避 | トップページ | YES WE CAN »

2008年3月 4日 (火)

決して一人ではできないお仕事

 おはよーでござんす。業者さんのお誘いで、のりぞーは、お相撲さんを見に行くことになりました。升席って言うんですか?そこに行くそうです。ぶっちゃけ、太った男子の裸のぶつかり合いを見て、楽しいと感じるのかどうかは、わかんないですが、個人的には、痩せてる女子の方がいいんですけどね~。(ハイ!朝から、親父ギャグです。) その後は、@@@@と一緒にお食事するそうなので、昔の彼女の話でも聞いておきます。(^O^)

 不動産というお仕事は、ちょっと特殊なところがあります。例えば、コンピューターのプログラマーさんとか、企業や学校の研究者さんとか、お医者さんとか、たいがいの業種の場合、自分自身が、頑張ろうと思えば、それなりに仕事の結果として返ってくることだと思います。

 ところが、不動産の場合、いくら自分が頑張ろうと思っても、自分自身だけでは、なかなか結果として返ってくることはないです。理由は、すべての不動産業の仕事の元となる『情報』というものが、一局に集中せずに、いろいろな所に散らばっているからです。

 大手の仲介業者さん、街の不動産屋さん、事業主さん、弁護士さん、金融機関、税理士さん、町の世話役の人、飲み屋のマスター・女将さん等など、色々な人達が、それぞれちょっとづつ『情報』を持っています。その『情報』を、誰に渡すか、誰に依頼するかで、すべてのその後の動きが決まってきます。

 だからこそ、普段から、偉そうにせずに、貸しを作り、種をまいて、『情報』を集めないといけないのです。そうして集められた『情報』が、加工され、商品としてお客様のもとにいくのです。結構、大変なんですよ!

 物件情報!とうとう御目見えです。芦屋市前田町、土地100.16㎡、建物積水ハウス107.50㎡、角地、4LDK、平成16年築の築浅戸建です。「社長~!まだ、ブログに書くのは、やめてくださいね!」と社員さんから言われた幻の一品です。価格は6280万円。早いっすよ!

|

« 質への逃避 | トップページ | YES WE CAN »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 質への逃避 | トップページ | YES WE CAN »