« 仲介業の日常業務 | トップページ | 過ぎたるは及ばざるがごとし »

2008年3月17日 (月)

仕入れのスキーム変更

 おはよーでござんす。本日は、恒例の不動産情報回が今津の方であります。今回も総勢約70名ぐらいと、すごい人数になりますね。大手の仲介屋さん、街の仲介屋さん、事業主さんと、色々なメンバーが一同に集まるわけですから、非常に楽しみです。ネットやFAX等の情報伝達手段が発達した現在だからこそ、本来の情報伝達手段である face to face が大事なのです。西宮だけは、一致協力して、閉塞感をぶっ飛ばしていきたいもんです。

 さてと、為替が1ドル=95円台、日経平均が12000円を割れて、11800円という、急激な環境変化を受けて、不動産の事業仕入れの方も、将来価格を想定した仕入れをしていかなくてはなりません。

 この3~4年間は、右肩上がりの相場だったために、多少、間違えた値段で仕入れてたり、予定より経費が多めにかかったとしても、結果オーライという現場も多かったのですが、これからはそうも言ってられなくなりそうです。

 これだけ、株価が下がると、実需相場への影響も必至で、将来価格の設定を下振れで考える必要もあります。そうなると、従前なら相場の8割くらいで仕入れてたモノを、相場の6割~7割で仕入れないといけない、なんて状況が生まれそうですね。しかも、全体の計画スピードを驚異的にまで早めることも大事で、タイムリーに相場の値段より若干安めで商品化し、早期売却を狙わないと、長期在庫の仲間入りになりそうですね。一度、長期在庫の仲間入りをすれば、株の塩漬けと同じで、いつになったら陽の目を見るのやらなんてことになりそうです。

 まぁ、なんにせよ、スピード力と販売力が重視される時代に突入しそうですね。

 物件情報!日商岩井香ろ園マンション(「ろ」が変換できない!) 61.60㎡で1380万円です。室内は総工費270万円のリフォーム済み。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 仲介業の日常業務 | トップページ | 過ぎたるは及ばざるがごとし »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仲介業の日常業務 | トップページ | 過ぎたるは及ばざるがごとし »