« 金の切れ目が縁の切れ目 | トップページ | 新築マンション大幅値下げ »

2008年3月28日 (金)

市況フラッシュ

 おはよーでござんす。3月度の年度末も、もう終わりを迎えようとしています。大手さんたちは、人事の季節なので、気もそぞろなことでしょうね。

「ハイ!君は、明日から、@@支店へ行って。」

なんて告示は、一昔前で、今は、

**転勤の通達**

 平成20年4月度づけで、下記の社員の転勤を命ずる

@@支店 **社員  ++支店 移動

 こんな、社内メールが送られてくるみたいですよ。クワバラ、クワバラ。

 市況フラッシュに行きたいと思います。

 西宮・芦屋全域に関して言えるのですが、1億円クラスの高額系が、全く動かなくなっております。例年、1月~3月は、金額の大小にかかわらず、活況を呈するのですが、本当に高額系の動きが鈍かったですね。資産家の人達にとって、サブプライムローン問題や、株式市場の下落は、購入マインドに直撃したみたいで、高額系の査定の変更を余儀なくさせられています。

 かたや、パック商品化しつつある、利便性の高いエリアでの5000万円ゾーンは、需要が相変わらずあります。4LDK、リビング20畳クラスならば、車庫1台もありかなと。

 中古マンション市場の方は、少し、勢いが落ちてきた感があります。新築マンションがブイブイいわしてくれてたお陰で、中古マンションの割安感がひかり、値上げを続けていたのですが、そろそろ天井感が出てきてますね。建物経年劣化を逆行する土地持ち分での値上げは、玄界灘です。ここからは、慎重にが合言葉ですね。

 この冬の週末大雪のせいで、山の手は、かなり寒い状況でしたね。例年なら、新緑の季節を迎えると、山の手にお客様が流れだすのですが、今年はどうでしょうか?供給過多が続く、山の手ですから、商品が一巡するまでは、しんどいかもですね。

 全体的に言えることは、少し相場が落ち着きを取り戻してきているということですね。異常な土地価格の高騰もなくなったかわりに、極端な調整も10%~20%でとまっています。仲介屋さんとしては、あんまり上がるのも、下がるのも、やめてほしいものです。全体の流通量も、年々減少してきているみたいですので、思惑よりも、実需で仲介ができればと思うのでした。

 物件情報!苦楽園Ⅳ番町の新築が完成しました。詳細は、苦楽園店のホームページTOPを見てください。24時間熱交換基調システムがあり、南向きの採光と、眼下に広がる眺望は、特筆ものですよ。今週の土日に、初オープンハウスをしますので、見にきてくださいね。

|

« 金の切れ目が縁の切れ目 | トップページ | 新築マンション大幅値下げ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金の切れ目が縁の切れ目 | トップページ | 新築マンション大幅値下げ »