« 思考のパターン | トップページ | 仕入れのスキーム変更 »

2008年3月16日 (日)

仲介業の日常業務

 おはよーでござんす。昨日は、新規物件に多数のお問い合わせを頂きありがとうございました。まぁ、前田町中古戸建てとロイヤル西宮北口アモーレばっかりでしたけどね・・・。

 春シーズンも終わりを迎えようとしていますが、まだまだ、潜在的なお客様は一杯いらっしゃいますね。ゴールデンウイークに子供達と遊べるように、今からしっかり準備しとかないとですね。

 さてと、最近の当社の傾向として、自社の専任物件の決定率は高いのですが、本来の仲介業としての機能である、他社物への業付け力が足りないのではないかと、反省をしております。西宮最大の街屋さんのE社の班長さんなんかは、確実にお客様のニーズに合わせて、自社・他社こだわらずに紹介していってるわけですから、見習わないといけないですね。

 頭では、理解できていても、いざ実行しているかというと、なかなか出来ていない。モチベーションはあるのに、出来ていない最大の要因は、仕事の整理ができていないからだと思います。故に、自戒の意味を込めて、自分が営業時代にしていた、仲介業としての日々の業務を列記して、振り返ってみたいと思います。

業者訪問(仲介物件集め、事業主、素地関係)、テマキ、掘り起こし、物件調査、フォローの手紙、資料FAX、電話、地図つけ、街探索、紹介者づくり、資料作成、レインズチェック、ヤフーチェック、相場観の強化、知識強化etc

 これらの業務は、毎日の積み重ねが大事なんですよね。1ヶ月30日、1年で365日、この業務を続けることができれば、たった一年で誰にも負けない仲介営業マンができると思いますよ。

 頭の中で、起こるか起こらないか分らないことを想像するよりも、上記のコツコツとした作業を繰り返す方が、近道だと思いますよ。

 物件情報!苦楽園Ⅳ番町の新築戸建が、もうすぐ完成しそうです。眺望は折り紙つきですし、価格帯も5000万円台中盤とリーズナブルです。完成した暁には、たくさん見に来て下さいね。

 

|

« 思考のパターン | トップページ | 仕入れのスキーム変更 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思考のパターン | トップページ | 仕入れのスキーム変更 »