« 家探し | トップページ | 整理のメカニズム »

2008年5月30日 (金)

人間的成長

 おはよーでござんす。昨日、10年ぶりぐらいに、「生きがいの創造」を読み直し、心が穏やかな気分になっています。う~ん、改めて、生きてる意味に気付かせて頂いた感じですね。いつからか、上記の本の考え方が、自分の中で当たり前になり、それを実行することが楽しみになっているのを実感しています。繰り返しますが、本当に良い本ですよ。できれば、自分のお金で買って、静かに読んでみてください。何かに、気づけるはずです。

 社内で、面白いことがあったので考察してみます。不動産ドットコム(株)も、もうすぐ設立して3年が終わろうとしています。最初は、山ちゃんと2人で始めたこの会社も、今や、社員総数12名、パートさんを入れると16名、のりぞー入れたら17名の組織になっちゃいました。しゃれにならん人数に改めて驚いているのですが、これだけ人が集まると、色々と問題も起こります。

 「人間」という漢字は、「人」と「人」の「間」と書きます。つまり、「間(ま)」が凄く大切なんでしょうね。

 ある新人さんが、先輩社員に色々と質問をしていました。当然、先輩社員にしてみれば、忙しかったり、難しいことをしていたりとしている中を教えるわけですから、手短に、しかも要領よく教えようとします。

 ここに「間」ができます。教わる方は、教えている人が気分を害さないように真摯に聴く姿勢をとるのが当たり前で、教える方は、教わっている側がわかりやすいように、「この人、やさしいな。」って思えるように教えるのが「間」のコツなんです。

 でも、日常を振り返ってみますと、教える方は、ぞんざいで偉そうに教えるシーンが多いでしょうし、教えてもらってる側も、言い訳したり、反論したり、「本当に聞いてんのか?」と思ってしまうような態度をとりがちです。

 一度すれ違った感情のもつれは、どこまでも拡大していきます。最後は戦争です。昨日、ニュースステーションで特集していましたが、アフリカの部族間の戦争で80年間戦争状態が続き、残ったものは悲しみだけだったと両部族の幹部が話していました。

 ほんのちょっとの気配りで、「間」は変わります。みんながみんな、あとほんのちょっと気遣いをすることができれば、すべての事象が変化します。

 仕事を通じ、仲間を通じ、日常を通じ、人間的成長をすることを実感できるようになれば、いいのになぁ~と思うのでした。

 物件情報!うほっ!?っていうようなニュースが流れてきました。メロデ@ーハイムでおなじみのK藤産業さんが、自己破産の申請をしました。おいおい、大丈夫かいな、この業界っていう感じですね。重説にうたわなあかんのかな~。微妙ですね。う~ん、手付け保全を含めた対策を、今後は練っていかないといけないなと思うのでした。全然、物件情報と違うやんというような突っ込みはNOサンキューでし。

|

« 家探し | トップページ | 整理のメカニズム »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

社内であった面白い事に、もの凄く興味があるんですが・・・

投稿: | 2008年5月30日 (金) 17時12分

 うん!?だから、人間関係のことですよ。
 先輩社員と後輩社員の気遣いの問題です。
 面白い事といっても、丸ちゃんが脱いだりとかの面白い事じゃ~ないので、あしからず。

投稿: のりぞー | 2008年5月30日 (金) 17時17分

僕も「生きがいの創造」は2年前に読みました。
また新しい気づきがあるかも知れないので読み返してみます。

投稿: ちびちゃん | 2008年5月30日 (金) 20時20分

 「生きがいの創造」は良いしょ!
 あれを読んでから、すべての考え方が変わりましたね。日々、意識して実行あるのみです。

投稿: のりぞー | 2008年5月31日 (土) 13時32分

 生きがいの創造読みました。宇宙にはリアルの世界と精神の世界があり精神の世界の方が重要であるということはいろいろな本を通じて自分なりに理解はしておりました。
 自分の人生に降りかかる問題や出会う人すべて自分が引き寄せているというのも理解していたつもりでしたがここまで深く感じたのは初めてでありました。
 わたしには夢があります。成功してお金を得ることです。いい家に住み、スポーツカーに乗り、子供と世界中を旅行するためです。嫁さんからの尊敬も自分なりに感じ取りたいのです。すごく俗っぽい夢ですが、まずこれぐらいの夢はさっさと実現させて人として、そしてわたしという唯一の意思気体として良心的で愛を持って前向きな決断で人生を楽しみたいのです。
 

 そして最高の夢は心から「人生お金じゃあないんだよ。」「一番大事なことは自分らしく生きることなんだ」って自分の失敗や喜びの経験を通して出会った人に伝えていくことです。

 しかしのりぞー社長はこの本とどうやって出会ったのですか?なかなかタイトルだけでは手を出せそうにないように感じたのですが?
 またあったときにでも教えてください。

 それでは今週もいいお取引を・・・。

投稿: 水道屋 | 2008年5月31日 (土) 13時48分

 さっそく、読んで頂きましたか。ありがとうございます。この本との出会いは、前職の上司に当たる人が、「とにかく、読みなさい。」と教えてくれたのがきっかけです。
 出来るだけ多くの人に、読んで頂いて、ソウルメイトを増やしていきたいですね。
 ドットコムにご来店してくださるお客様も、何かのご縁と理由がありご来店いただいてるということを噛みしめて、日々、頑張っていきます。

投稿: のりぞー | 2008年5月31日 (土) 15時28分

私も生きがいの創造は10年くらい前に読みました。
本当に心から大嫌いな人もソウルメイトなんですか??
のりぞーさんは江原さん的スピリチュアルも信じる派ですか??

投稿: すっぴん | 2008年6月 3日 (火) 09時58分

 う~ん。難しい質問ですね。
 本を読んで思ったのは、そう考えた方が、良い生き方ができそうだなということです。
 実際、前世があるのかないのかなんて、わかんないですし、正直、幽霊とかお化け関係は苦手です。
 ただ、嫌いな人を、嫌いだから妨げるだけでは、自分自身に成長がないと思い、無理にでも、あえてそういう人が登場するシナリオの試練で、わざとその役をしてくれているソウルメイトなんだと思うことができれば、何かイイところ見つけることが出来るでしょうし、自己反省、自己成長もできるのではないかと思う事にしています。
 江原さんのスピリチュアルは、商売ベースにしている時点で、全く興味もないですし、番組も見たことさえありません。
 あくまでも、考え方のひとつの参考として、生きがいの創造は、感銘を受けた次第です。

投稿: のりぞー | 2008年6月 3日 (火) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家探し | トップページ | 整理のメカニズム »