« 老後の生活 | トップページ | 不動産トラブル事例データベース »

2008年5月12日 (月)

短期プライムレート

 おはよーでござんす。時がたつのは早いですね。5月も、もう折り返し地点に差し掛かってきています。頑張らないとですね。

 ちょっと、不動産と関係のある経済のお勉強を一つ。

 『短期プライムレート』・・・銀行が信用力の高い一流企業に短期に(1年以内の期間)貸し出すときの優遇金利のこと。(日銀のホームページに動きが載ってますよ。)

 住宅ローンの場合(変動金利型)、この短期プライムレートに各銀行間で、一定のレート(ほとんどの銀行が1%)を上乗せしたものが、基準金利となります。

 ゆえに、現在だったら、ほとんどの金融機関の変動型の住宅ローンの基準金利が2.875%になってるのは、上記の理由なんですね。

 余談になりますが、ここから、各金融機関がそれぞれ特色をだしていきます。例えば、全期間優遇金利1.2%だったら、2.875%-1.2%=1.675%が住宅ローンの金利という感じですね。銀行によっては、1.6%優遇とか、預金を担保にすれば、どったらこったらとか、色々あります。その話は、また後日ということで・・・。

 銀行が信用力の高い一流企業に短期に(1年以内の期間)貸し出すときの優遇金利なわけですから、当然、短期プライムレートは変動していきます。

 過去の日本における短期プライムレートの動きを見てみますと、昭和49年には、なんと9.2%。オイルショックの時ですね。昭和55年にも9.2%をつけています。多分、所得が順調に増えていったことが背景にあったんでしょうね。そして、平成2年に8.25%をつけています。バブルでんな。

 以上の様に、過去の日本において、3回ほど、金利が異常に上昇したときがあり、それぞれが上記の理由が背景となっています。

 平成7年以降、日銀のゼロ金利政策、超低金利政策により、短期プライムレートは平成19年までの実に12年間、ずーーーーーーっと、1.625%以下で推移してきました。

 ところが、昨年の日銀によるゼロ金利解除により、とうとう、短期プライムレートが、1.875%をつけたのです。12年間つけたことのない金利。1.875%。

 背景を考えましょうか。お隣の国、中国では、毎年、二桁の経済成長をとげ、自転車→自動車の生活スタイルの変化がおこっています。インド、ベトナム、ブラジル、中国といった、新興国において、爆発的に資源エネルギーの需要が起こると、どういった現象が生まれたのか。

 原油は、1バレル=125ドルと最高値をつけ、小麦、トウモロコシ、大豆といった食料品の強烈な価格上昇がおこり、鉄、建材、木材といった、資源材も上昇の一途です。わっしょい、わっしょい、お祭り騒ぎでんな。

 「風が吹けば桶屋が儲かる」 これは、経済において、初歩的な論理です。小麦が上がれば、パン代が上がるのは理解できるのですが、ハァ?といった商品にまで波及するのが、複雑に入り組んでいる経済の原理なんですよね。例えば、水が値上がりするとかですね。

 日本という国は、教科書で習った通り、輸入大国です。当然のように、資源材の値上がりは、我々の生活を直撃します。家計だけの問題では、ありません。加工貿易国の日本にとって、輸入材の価格上昇は、企業業績をも圧迫し始めています。

 そうです。ここ何年間か、続いてきたデフレスパイラルが、強烈な切り返しを見せ始め、なおかつ、それに敏感に反応するように、金利が上昇を開始しているのです。

 ここからが、問題です。過去の経済原理ならば、金利上昇=債券価格の下落=株価の上昇=資産のインフレ=不動産価格の上昇といった、簡単なバブル図式が成り立ったのですが、今後はどうなんすかね。

 ただ、ひとつ言えることは、金利が1%上昇するだけで、1000万円の住宅ローンの総支払額が、35年で、約214万円かわってくるという事実です。

 今なら、まだ、2.875%の基準金利です。長期もそれほど上昇しておりません。

 おやっ?早めに、不動産を購入しといた方が、良いと思えてきたって?

 んっ!?別にゆっくり探してますので、慌ててませんって言ってたのを、前言撤回するって?

 ふおっ?2・3年かけて、じっくり探してたら、金利動向が怖くなってきたって?

 んなっ?早く、不動産探しをしなくてはっ!ですって!

 い~とこ、知ってますよ!

 不動産ドットコム株式会社(0798-75-0533)

 なんでも、苦楽園と甲東園と芦屋・東灘と今津にと、4つの拠点で、地域密着をモットーに営業活動されてるらしいよ。

 ん?何で、そんなに評判が良いのかだって?

 なんでも、社長のお人柄と、頭脳明晰なところだっていうのが、もっぱらの評判みたいですよ!

 なるほどね~。それ、それ、聞いたことある、ある。

 なら、行ってみるか?行ってみますか?

 LET US GO ドットコム!!

 物件情報!新甲陽町の築浅のマンションが出そうです。そう、大変目立つ綺麗なマンションですね。約77㎡、出し値は、3000万円台前半ですかね。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 老後の生活 | トップページ | 不動産トラブル事例データベース »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老後の生活 | トップページ | 不動産トラブル事例データベース »