« 決定率 | トップページ | 老後の生活 »

2008年5月10日 (土)

変革期

 おはよーでござんす。きゃ~、せっかく広告入れたのに、雨ざんすか!ゴールデンウイーク明け一発目の広告ですから、気合入れていきまっせ!

苦楽園店:神園町 建築条件付き土地 2780万円他

http://www.fudosancom.jp/weekly.html

甲東園出張所:神呪町 新築 3580万円他

http://www.fudosancom.com/weekly.html

芦屋・東灘出張所:魚崎南 中古2680万円 シーサイドタウン青木他

http://www.fudosancom.co.jp/weekly.html

 以上、3つの店舗で現地案内会を開催しております。雨にも負けず、風にも負けず、ご来場下さいね。

 え~と、告知です。不動産ドットコムの各店舗の特色とオリジナリティーを出していこうということで、『店長のつぶやき』というコーナーを立ち上げました。各店舗の地域の特性や、オリジナルの物件情報、日頃感じることなどを、徒然なるままに書き綴っていきます。『のりぞーブログ』と重ねて、ご愛顧のほどよろしくお願いしますね。

 さて、今、ビジネス業界では、大きな変革期へと突入してきております。それは、内需関連業種の衰退です。

 高度経済成長期の日本では、所得倍増計画にのっとり、確実に消費市場の拡大がおこり、内需関連業種達は、政府の保護政策もあり、伸びていきました。やがて、バブルが崩壊し、株価や地価が暴落していったのですが、ある意味、あの失われた10年間の暗黒の時代よりも、現在、内需関連業種が直面している現状の方が厳しいのではないかと感じています。

 それは、構造変化を伴っているからです。あの失われた10年間の間は、企業の方針そのものは変えずに、リストラやリエンジニアリングなどの、経費や事業部の閉鎖などで、やりくりすることによってなんとか凌ぐことができました。が、今、内需関連業種が直面している問題は、根底から覆されることになってきています。

 それは、消費行動・様式の変化です。インターネットが普及し、消費者保護の概念が発達し、企業のモラル、コンプライアンスが叫ばれる世の中になり、当たり前と言えば当たり前なのですが、それだけ、最終消費者さん達が知恵と知識と武器を持ったことになります。

 不動産業界に限らず、色々な内需関連業種において、社内・業界内の人間より、お客様の方が詳しいなんて現象が、そこかしこでおきているのではないでしょうか。お客様にしてみれば、頼りない営業さんに聞くくらいなら、自分でネットを駆使し情報を仕入れ、自分の目で判断し、自分で意思決定をし、最小コストの機関・会社で購入するというスタイルが確立されつつあります。

 電化製品を購入しようとした時も、ガソリンを入れるのも、証券やFXトレードをするのも、旅行をするのも、何をするのにおいても、ネットを叩いて、価格ドットコム等を開けば、どこで一番安く購入できるか、一発で検索が出来る時代になったということです。

 つまり、内需関連業種において、生き残りをかけたサバイバルをしていくのなら、大幅に人件費を削って、中央一括型のコスト競争に突入していくか、外需を目指して、海外に商売の拠点を置くか、知識・知恵・武器を所持したお客様が、ビックリし、納得するくらいの猛勉強を重ね、そこに付加価値を求めるかの3パターンしかなくなってきています。

 社員全員の幸せを考えるのなら、今からでも遅いぐらいなのですが、お客様に負けない猛勉強を強いていく経営戦略しかないんですよね。

 ちょっとネットを叩けばわかる知識なんて、誰でも所持できます。お客様が知りたくても、そうそう簡単には知りえない知識・情報。その辺が、今後のキーワードになってきそうですね。

 人生、生涯、勉強。よく、親父が言っていた言葉なのですが、今のビジネス業界にピッタリの言葉だと感じるのでした。

 物件情報!夙川の南側。大学の近くで、いよいよ9区画新築分譲計画がスタートです。予想価格帯が、3000万円後半~4000万円台中盤まで。土地約80㎡~100㎡、延べ床約100㎡~110㎡の完全建売形式となっております。駅近いよ。フライングしたい人は、のりぞーまでぇ。

|

« 決定率 | トップページ | 老後の生活 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決定率 | トップページ | 老後の生活 »