« 市況フラッシュ | トップページ | スコアー99! »

2008年6月10日 (火)

ほんのちょっとの気遣い

 おはよーでござんす。しかし、秋葉原の17人無差別殺傷事件は、世も末みたいな事件ですね。高校入学までは、青森県有数の進学校とのことなので、思い通りにいかない人生のコンプレックスを抱えてのことだと推測できます。掲示板に犯行予告をしたりといったところを見ると、計画的かつ、何かで目立ちたいという心理がうかがえます。被害妄想が強くて、世間が悪い、社会が悪い、自分は悪くない、被害者だという感覚の持ち主なのでしょう。

 のりぞー、今回のことで、心底恐くなったのが、もしも、裁判員制度が導入された後の事件だったら、どういう判決になっていたのだろうということです。通常、7人も殺害すれば、間違いなく現行法では、死刑だと思うのですが、もし裁判員制度が導入されていたとしたら、十分、終身刑や無期懲役もあり得るのではないかと。例えば、無作為に裁判員が選出されて、こういった重大事件をまかされた時、自分の判断で、「死刑」を被告に言い渡されるのかということです。「反省させる機会を設けた方が良い。」「自分の判断で死刑になるのは、後で夢見心地が悪い。」「精神鑑定の結果、異常心理状態だった。」「確かに、被告にもかわいそうな環境で育った経緯がある。」など、もっともな理由で、被害者の関係者ではない限り、なかなか「死刑判決」を下すのは、難しそうな気が・・・・。「とりあえず、終身刑で良いんじゃない。」なんて安易な結論を生むような気が、しなくもないですね。

 まぁ、結局、世の中の格差社会が広がり、現実の世界での物質的欲求が全てみたいな風潮が更に加速し、雇用形態ひとつとっても、格差を痛感させられる環境になってきているからこそ、違った価値観を、自己の中でしっかり所持するという教育が、こういった事件をなくすのだと思います。

 物質的欲求と精神的欲求のバランスを上手にとって、周りのみんなが、ほんのちょっとお互いに気遣いができるようになれば、上手にいくのになぁ~と、つくづく思うのでした。

 謙虚に、自己の欲求を制御し、人の話をよく聞き、お互い様の精神を成熟させること、「おかげさまで」の精神ですね。

 物件情報!苦楽園の番町街で、スーパー眺望の築浅物件が出てきそうです。価格は6000万円台後半。これは、いいですよ。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 市況フラッシュ | トップページ | スコアー99! »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市況フラッシュ | トップページ | スコアー99! »