« 政治と経済 | トップページ | 新興不動産株 »

2008年8月29日 (金)

異常気象と降水量

 おはよーでスザンヌ。最近、色々な業者さんから、「なんか景気の良い話ないの?」と聞かれるのりぞーです。お答えします。「ケセラセラ」です。「なるようになるさ。」ですね。ずいぶん、楽になりますよ!(^O^)/

 愛知県岡崎市で、1時間に146ミリの集中豪雨が発生し、市内約14万世帯に避難勧告がでたとか。

 豊橋市内でも、午後0時半より3時までに200ミリを超す集中豪雨があったそうです。

 最近、気色の悪いほど、局地的な集中豪雨があちこちでおこり、死傷者がでるほどの問題になっていますね。

 では、もしも、西宮市に集中豪雨が襲った場合、どのエリアがどれくらいの降水量で浸水するのかが、非常に気になるところです。オゾン層の破壊による地球環境汚染の問題は、今後、ますます拡大していくばかりでしょうから、ある意味、不動産購入を検討する上での、重要なファクターになりうるのではないかと思います。何度も、何度も、床下浸水するようなエリアに居を構えるのって、勇気がいりますもんね。

 武庫川の24時間降雨量が、150ミリの場合、

http://www.hazardmap.pref.hyogo.jp/MWIISapHMapRainfall/HR_map.asp?r=70000&x=9565464&y=-13919034&l=611&s=0&d=70000&lk=1&ll=611

 まだ、150ミリでは、大丈夫です。

 では、175ミリを超えてきた場合、

http://www.hazardmap.pref.hyogo.jp/MWIISapHMapRainfall/HR_map.asp?r=70000&x=9565464&y=-13919034&l=612&s=0&d=70000&lk=1&ll=612

 幅広い範囲で、浸水が想定されていますね。

 では、300ミリを超えると、

http://www.hazardmap.pref.hyogo.jp/MWIISapHMapRainfall/HR_map.asp?r=70000&x=9565464&y=-13919034&l=616&s=0&d=70000&lk=1&ll=616

 かなりの広範囲で被害が想定されるのと、浸水の深さがひどくなります。

 では、山の手は安心かというと、強烈な降水量による土砂災害も想定され、にっちもさっちもどうにもブルドッグ状態です。

 宗教家に言わせると、人間の欲望による科学の進歩が、自然を怒らせた結果なのでしょうが、そんなことはどうでもよくて、阪神大震災という貴重な経験をしてる県民として、自然災害がおこってから慌てるのではなく、地震や川の氾濫、土砂災害等の家庭で出来る防災準備なるものをしておかないといけないのでしょうね。多分、岡崎市民も、まさか、雨で床下浸水するとは、思ってなかったことでしょうから。

 今日は、おしまい。

 

|

« 政治と経済 | トップページ | 新興不動産株 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政治と経済 | トップページ | 新興不動産株 »