« ミステリー | トップページ | 決算が終わって »

2008年9月30日 (火)

弱点の克服

 おはよーでござんす。NY市場が恐ろしいことになりましたね。公的資金によって不良資産を買い取る金融安定化法案が議会下院で否決され、史上最大の下げ幅の777.68ドル安で引けています。日本市場の方も、一時570円を超える下げ幅で、全面安の様相です。

 これは、凄いことですよ。あちこちの欧米の銀行が潰れたり、救済されたりと、とどまる所を見せません。このスパイラルは、しばらく継続するものと考えられ、いよいよクレジットクラッシュが見えてきましたね。まぁ、結局は膿を出し切らないと、底打ちはしないのでしょうから、さっさと処理してくれることを祈るだけですね。

 今、不動産ドットコムでは、自己啓発の一環として、長所・短所の自己評価と長所・短所の他人評価というものをしています。

 人間、30年以上生き続ければ、良いも悪いも、こびりついた習慣であったり、性格であったり、能力が固定化されてしまいます。日々進歩・進化したいと願ったとして、30年以上生きてきた結果が現在の自分である以上、対策を講じない限り、変化は生まれません。気持ちだけでは、何も変わらないのが現実です。やはり、行動に移すことが大事なんですね。

 実際、調査してみますと、面白いことに、ほとんどの人が、長所・短所の自己評価と他人評価が一致しています。つまり、どういうことかというと、すでにほとんどの人が、自分自身のことを長所・短所含めて認識をしているということなんですね。逆説的に考えれば、これは恐ろしいことで、自分の短所は認識しているが、一向に、対策を講じて変化していないということになります。

 うちの社員さんのなかでも、大野店長や河本社員は、年齢も50歳、60歳と、ほぼ人生の4コーナーをまわっています。彼ら曰く、「30歳代の1分、1秒が、すごく大事や。」とのことです。50歳、60歳になって、あの頃の自分がもうチョット頑張ってればとなるんですよね。

 ドラえもんの漫画にもありましたが、20年後ののび太が、タイムマシンに乗って、小学生ののび太の所にきて、「もっとしっかり勉強してよ!」と言いに来るシーンを思い出します。当社のミーティング中にも、「もう一度、小学生からやり直せるとしたら、どうする?」と聞くと、全員が、もっと勉強をすると答えます。

 ならば、今も同じことなんですよね。30代の今の、1分、1秒を大切にし、弱点の克服にあてることができれば、きっと有意義な5年後、10年後を迎えることができるんでしょうね。

 物件情報!苦楽園2番町の中古戸建て、6980万円が、大幅値下げ敢行です。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« ミステリー | トップページ | 決算が終わって »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミステリー | トップページ | 決算が終わって »