« しかし、公的資金って・・・ | トップページ | もっとできること! »

2008年9月21日 (日)

教育

 おはよーでござんす。ビックリしましたね~。まさか甲陽線で脱線事故が起きるとは、思わなかったですよ。今朝方、通勤途中に甲陽園駅に寄ったのですが、テープがはってあって、警察が現場検証みたいなことをしてました。早く、もとに戻ってくれないと、代行バスだらけで、そこら中で渋滞が発生してますよ。

 アメリカでは、リーマン、AIG、日本では、不動産・建設業種だけにとどまらず、大手引越し業者、自動車販売、金融業者と、とどまる所をしらずに、リセッションの暗雲が垂れ込んでいます。

 明日から、働く場所がない、給料がもらえない、就職先がないとなってから、嘆く人生って何なんでしょうね。50歳、60歳になった時の、未来が見えない。

 汚染米を流通させた社長や会社が悪いから、世の中が悪いから、銀行が悪いからなのでしょうか?否、結局、自分自身の責任です。

 どこまでも、甘い自己認識。プロとしての責任感の欠如。武器となる知識の不足。すべて、己の責任です。世の中が不景気になっていけば、誰も助けてくれないですよ。自分自身が生きていくために、みながみな必死になるわけですから。

 戸塚ヨットスクールの戸塚校長が、ホームページ上で言ってる言葉。

海の上は家庭や学校のしがらみから解放された、ストレスのない世界といえます。
一方で風や波は、どんな虚勢も甘えも通用しない厳しい存在でもあります。
海に投げ出された子供は、
自分の弱さ、
いたらなさ、
を思い知り、 「裸」の自分自身に直面せざるを得ません。
そのような現実に、戸惑い、おびえ、逃げ腰となります。
しかし、そうした恐怖と必死で格闘しているうちに技術レベルが向上し、
やがて帆走できる日がやってきます。
自然の中で疾走する喜びを一度でも体験すれば、
「もっと速く、もっと上手に走りたい」という欲望が芽生えるでしょう。
「では、上達するには、何をすべきか・・・」
子供たちは「考える」ようになります。
ここから「進歩」が始まるのです―――

 また、次のようにも言っています。

不快感を生む能力が大切
人間の行動には、  
感覚→不快感→意思→行動・・・という順序がある。
この各過程に知=判断が働いているわけですね。
感覚が入ってくると正しい判断によって、正しい感情(不快感)が生じる。
そこでまた正しい判断により、正しい意思が出てくる。
そして、その意思を正しく判断して、正しい行動が出てくるわけです。

この知、情、意の3つから成り立つものが精神なんです。  
つまり、精神というのは、種族保存にかなう行動を起こさせるための情報処理
なのです。
目的は正しい行動です。
そして、目的を達成すれば、快感が湧く。そういうふうにできているわけです。


例えば、嫉妬という不快感。
試験を受けて、ライバルが90点で自分が80点なら、嫉妬が湧きます。
これは怒りの変形ですから、相手より上に行こうとして、勉強します。
嫉妬という感情が勉強という行動を起こさせるのです。
その結果、自分が90点、彼が80点ならば目的達成、「やったー」という快感が湧いて
幸せになります。
本当の幸福というものは、これだけの面倒で不快な過程を踏まないと生じないのです。  
ところが、今の世の中は、幸福が勝手に沸き上がってくるようなことをいっている。
そこが間違いです。
大きな不快感を発生させる能力と、大きな快感を生む能力は一緒です。
にもかかわらず、不快感を否定するから問題がおかしくなってくるんです。

 今、我々が直面している問題は、まさに上記の部分だと思います。人間が与えられた、「生きる力」を100%開花させて、この難局を乗り越えることができれば、その先に、かつて経験したことのない快感を得ることができるのでしょうね。人間は、弱い生き物です。ほっておいたら易きに流されてしまいます。だからこそ、正面から取り組んで、問題解決にあたらないといけないんですよね。

 今一度、自分自身を鍛え上げるしかないのですね。ストレスと無縁の達成感なんて存在しないのですから。

 物件情報!六軒町にて新築分譲が予定されています。価格帯は3000万円台中盤です。周りが開けていて、日当たりは抜群ですよ。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« しかし、公的資金って・・・ | トップページ | もっとできること! »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しかし、公的資金って・・・ | トップページ | もっとできること! »