« 防犯への取り組み | トップページ | 22社目 »

2008年10月 7日 (火)

不動産と株式市場

 おはよーでござんす。衝撃の下落が株式市場を襲っていますね。

 NY市場では、とうとうダウが10000ドルを割れ、今朝の日経平均もとうとう1万円を割れました。多分、いったんのセリングクライマックスを本日、迎えることになるのでしょうが、リバウンドした後、どういう方向性を生むのかは、未知数です。今の所、明確な下げトレンドが出来ていますので、戻ったところは売られるのがオチでしょう。

 分析しますよ。まず、日経平均が最安値をつけたのが、2003年3月4日の7,607円。そこから、2007年7月7日の18,261円まで、実に4年半かけて、10,654円上昇したことになります。2/3押しで考えても11,158円がポイントになるので、そのラインを突破した以上、全戻しの可能性がでてきます。次のターゲットは2002年2月2日の9,420円になりますが、日経平均1万円割れのラインは、心理抵抗線で過去の売買も非常に多かったので、このラインが支持されるかどうかがポイントですね。

 次に、不動産との相関を考えます。現時点での株価水準は、ちょうど2002年、2004年、2005年と同じ水準になります。2003年だけが、大幅に凹んだ時期になりますね。

 のりぞーが、不動産業界に来たのが、ちょうど2003年の7月です。その当時の不動産がどうだったかというと、明確に思い出すことができますよ。(^O^)

 そうやね~、夙川から西側の1級品と呼ばれる土地で、一種低層で@80万円くらい。桜谷町とかの新築戸建てで土地40坪つけて4000万円台後半でした。つまり、夙川の東エリアの住居系で@70万円くらいでしたね。なんせ、阪急夙川駅、苦楽園口駅徒歩圏内で、新築5000万円までという物件が豊富にありましたよ。お客様の予算も、土地+建物で5000万円という人が異常に多かったのを記憶しております。

 多分、上記の相場が2003年ですから、日経平均が異常に下落して7,000円台になったとして、土地の下値のメドはこれくらいでしょう。夙川・苦楽園界隈で土地+建物=5,000万円になれば、新需要層が異常発生するでしょうしね。

 もしも、日経平均が1万円前後でサポートされ、反転したとして、2004年、2005年の土地相場ですから、多分、川の西側で@100万円 東側で@90万円位が相場としておさまるでしょうね。(一種低層ね!)

 後は、神のみぞ知るですね。

 物件情報!レスタージュ甲陽園が販売開始です。77.84㎡の3LDKで非常に綺麗にお使いです。車庫もあまってますしね。4階なので景色もいいですよ。価格2980万円は、ストライクゾーンかと。興味のある人は、のりぞーまで。

 

|

« 防犯への取り組み | トップページ | 22社目 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

有難うございます。 全くその通り !    「何んも言えねえ!」

投稿: ころっけ | 2008年10月 7日 (火) 15時14分

 う~ん。大変ですね。

投稿: のりぞー | 2008年10月 7日 (火) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防犯への取り組み | トップページ | 22社目 »