« 大量失業者時代とスピード | トップページ | 現場 »

2008年12月13日 (土)

見られている意識

 おはよーでござんす。本日は、不動産戦闘日の土曜日です。当社も今年最後の広告を、クリスマスバージョンにてお届けさせて頂いています。

 それでは、こちら↓

苦楽園店:http://www.fudosancom.jp/weekly.html

芦屋・東灘出張所:http://www.fudosancom.co.jp/weekly.html

 いつも同じ広告じゃ~、面白くないので、多少凝ってみました。(^O^) 今年最後の広告なので、ドシドシご来場くださいね!

 この前、ある忘年会に御呼ばれしてお伺いした時に、M社の社長より、『のりぞーちゃん所のオープンハウスに行ったんやけど、現場を綺麗にしているなぁ~。』とお褒めの言葉を頂きました。

 正直、嬉しかったですね。当社のオープンハウスの場合、前日の金曜日に、社員さん総出で現場の掃除に行くのが決まり事になっています。当たり前と言えば、当たり前のことなんですが、見てくれている人は、見てくれているのだなぁと思いました。

 何千万円とする買物をするわけですから、いくら新築でも薄汚れていたら、買う気になれないですもんね。仮に来場がゼロだった場合でも、掃除をすることにより物件に愛着がわき、他の物件とは、ちょっと違った思いになれます。

 営業は、見られているという意識を持つことが非常に重要です。身だしなみ、仕草、言葉遣い、襟元、靴先、顔の表情、雰囲気、あせり、ゆとり等などたくさんの情報を、お客様は視覚・聴覚をフル活用して、脳にインプットしていきます。

 その結果、生理的に、なんとなく、『好き』か『嫌い』に分類され、実は、この好き・嫌いが意思決定の大きな要素になることが多々あります。

 言い換えれば、『見られている意識』=『相手の目線に立つ』ということが、どれだけ大事かということが分かると思います。

 営業マンを生業とする以上、上記のことを忘れずに仕事をしていかないといけないんですよね。

 物件情報!鳴尾町4丁目、新築戸建て3980万円です。土地92.26㎡、延べ床92.70㎡、4LDKの鳴尾小校区です。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 大量失業者時代とスピード | トップページ | 現場 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大量失業者時代とスピード | トップページ | 現場 »