« 現場 | トップページ | 丑(うし) »

2008年12月15日 (月)

住宅ローン減税ver2009年

 おはよーでござんす。最近、学校の先生になった気分ののりぞーでござんす。日々、激動する政治・経済情勢を、毎日分かりやすく解説し、繰り返し説明、かつ小テストまでやってるわけですから、本当に学校の先生みたいですね。最近のお客様は、僕らより勉強をされている方が多いので、一歩先んじる為には、必死で勉強しないとですね。

 というわけで、住宅ローン減税2009年度版のマトメをしましたので、ご報告させていただきます。

one200年住宅・・・年間60万円を上限・・・10年間(合計MAX600万円)

two省エネ基準を満たす住宅・・・年間55万円を上限・・・10年間(合計MAX550万円)

three一般住宅・・・年間50万円を上限・・・10年間(合計MAX500万円)

 次に、減税額が所得税額を上回る場合。

 住民税からの減税分は、所得税からの減税分と同額までで、上限は97500円までとなります。

(減税期間)一般住宅の場合

2009年~2010年の入居者・・残債上限5000万円・・・年末ローン残高の1.0%を減税

2011年入居者・・・上限4000万円・・・年末ローン残高の1.0%を減税

2012年入居者・・・上限3000万円・・・年末ローン残高の1.0%を減税

2013年入居者・・・上限2000万円・・・年末ローン残高の1.0%を減税

 次に、モデルケースを国税庁のホームページより転載しておきます。

夫婦+子供2人の場合(年額)

給与収入税源移譲前(単位:円)
所得税住民税合計
300万円 0 9,000 9,000
500万円 119,000 76,000 195,000
700万円 263,000 196,000 459,000
1,000万円 688,000 442,000 1,130,000
税源移譲後(単位:円)
所得税住民税合計
0 9,000 9,000
59,500 135,500 195,000
165,500 293,500 459,000
590,500 539,500 1,130,000

 以上のようになります。あとは、ご自身の年収と比較して、どれだけ控除が受けられるか考えて、購入検討をしていただければと思います。

 物件情報!マンション情報です。赤塚山ローズハイツ、価格は500万円です。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 現場 | トップページ | 丑(うし) »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現場 | トップページ | 丑(うし) »