« 無事セミナー終了 | トップページ | ペナルティーは効果があるのか? »

2009年1月23日 (金)

A new era of responsibility (新しい責任の時代)

 おはよーでござんす。オバマさんが就任され、早速、昨日から大統領としての業務が始まっていますね。え~なぁ~、大統領!よっ!大統領!のりぞーも、のりぞー帝国をつくって、大統領に就任しよっかなぁ。

 というわけで、来るべく、のりぞー帝国の大統領就任演説の為に、オバマさんの就任演説を熟読させて頂きました。その中で、一番、大事だなと思った所が、

『A new era of responsibility (新しい責任の時代)』の部分です。その中で彼が言っているのは、

『堤防が決壊した時、見知らぬ人をも助ける親切心や、友人が職を失うのを傍観するより、自らの労働時間を削る無私の心が、暗黒の時に苦難を乗り切らせてくれる。我々の運命を最終的に決めるのは、煙に覆われた階段を突進する消防士の勇気であり、子供を育てる親の意思である。』と。

 無私の心が、今の苦境を乗り越える唯一の手段であると言っています。

 また、その為には、

『我々の成功の土台となる価値観は、誠実や勤勉、勇気、公正、寛容、好奇心、忠誠心、愛国心といった古いものだ。これらは、不変の真実である。』とも。

 国民一人ひとりが自覚と責任を持って、いやいや義務を引き受けるのではなく、喜んで機会と捉えろと力強く発言しています。

 これは、米国民だけではなく、全世界の人々にメッセージとして発信したんでしょうね。

 ニュースでは、ほとんど流れていないですが、最近、すごく反省していることがあります。それは、潜在的なマイナス思考です。

 今回の、世界金融恐慌の引き金は、リーマンを始めとする投資銀行達の無茶なサブプライムローンがらみの商品だったことは、自明の理です。もっとも、大元に流れる根源は、30年間近く続いたアメリカの借金経営による大量消費の矛盾が破綻しただけのことなのですが、本来であるならば、一番、アメリカが傷ついてなくてはならないであろうし、ほとんどの人は、そうだと思っていると思います。

 与謝野さんが、「日本は蜂に刺された程度の影響」とのコメントをしたり、マスコミも、日本の金融機関の影響は、世界に比べてマシな方と言っていたり、ここ最近の円高も、サブプライムの影響が一番少ない日本円に緊急避難しているからだとの解説が横行しています。

 果たして、本当にそうなんでしょうか。というのも、実際の数字を見てみると、

【NYダウ】 2008年9月2日 約11790ドル

2009年1月23日現在 約8122ドルで、ピーク時の68%

【日経平均】 2008年8月29日 約13079円

2009年1月23日現在 約7814円で、ピーク時の59%

 以上のように、日本市場の方が、被害は甚大ですし、昨年11月統計の自動車の輸出台数が、前年比19%減に対し、国内の新車販売台数は27%減となっています。

 本来であるならば、一番被害を受けていないとおかしいアメリカ市場よりも、日本国内の内需の方が、被害は甚大であるという逆転現象が生まれていることに危惧をします。

 これは、色々な要因が考えられると思うのですが、一番の根底にあるのが、日本国民に悲観論者が多く、また、悲観論が好きという国民性にあると考えられます。

 毎日のように、垂れ流されるマイナスを強調したニュース、また、それをしたり顔で更に煽るコメンテータ達。そして、それを対岸の火事のように見ている視聴者である国民。マイナスの思考は、更なるマイナスを呼び込み、トヨタに続いて、日産も、ソニーも、あの一流といわれる企業達でさえ、赤字なのだから、我々も仕方がないなぁ~とのマイナスの洗脳が蔓延っているのだと思います。ちょっと、待ってくださいね。トヨタなんて一生遊んで暮らせるほどの内部留保を抱えてますから、死にようがないですよ。

 今、オバマさんが言っている、本当に大事なことは、現状をしっかり認識し、いたずらに風評に流されず、責任を持ち、立ち向かって行かなければならないってことです。全員が立ち向かって行く時に、マイナスの思考は邪魔でしかありません。現状認識した後は、では、どうすれば良いのか考え、プラスの発想で、建設的な行動をとることが大事なんでしょうね。

 これは、個人一人ひとりから始まり、家族、会社、業界等々の、小さなコミュニティーから、チェンジしていかないといけないのだと思います。

 要は、明るく、楽しく、元気よく!これが大事ってことですね!

 Yes we can!!

 物件情報!甲陽園南シティーハウス上層階、2000万円台後半です。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 無事セミナー終了 | トップページ | ペナルティーは効果があるのか? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事セミナー終了 | トップページ | ペナルティーは効果があるのか? »