« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

明確な目的・ビジョン

 おはよーでござんす。次々に、超一流と言われる企業の赤字決算が続いていますね。また、ここにきて大型倒産の件数も増加してきています。正社員対象のリストラの記事も当たり前のように流れ出し、暗雲垂れ込み状態ですね。

 こんな時代だからこそ、雇用を確保し、社員さん共々、乗り切っていかなければならないということで、原点回帰を目指し、明確な目的・ビジョンをたてることにしました。

 レポート用紙一枚分に、5年後の自分、1年後の自分、半年後の自分というお題で全社員さんに書いてもらいました。

 甘ったれたこと書いてんのかなぁ~と、斜に構えて読んでいたのですが、完全にノックアウトされましたね。

 内容は伏せとくとして、改めて、全社員さんを幸せにすることが、のりぞーにとっての最大の仕事であると、再確認させられました。

 たまには、自分自身の目的やビジョンを明確にし、文章にして紙に書くことも、良いもんですよ。色々なことに、気づくことだと思います。

 物件情報!甲陽園西山町にて、新築分譲です。土地+建物4000万円前後。眺望も抜群で、希少かと。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (0)

2009年1月30日 (金)

ゴメンチャイ

 すいません。今日は忙しいので、許してください。

|

2009年1月29日 (木)

麻生川柳

 おはよーでござんす。以前、書き込みました、日本政府による一般企業向けの直接資本注入の話が、巷で凄い噂となって走っていますね。日本政策投資銀行を通じて、直接資本注入するみたいなのですが、一部では、日本政策投資銀行が深く関与している企業に限って救済すると言われています。「インフラ上、地域経済上、影響著しい企業に対しては、仕方がないでしょう!」という言い訳みたいですが、それが許されるのならば、なんでもありということになりますよ。資本主義というよりも、共産国家ですね。

 一応候補にあがっているのが、オリ@クス、ソフト@ンク、J@Lの借金まみれ御三家ですね。現状では、社債発行も、メガからの資金供給もままならないでしょうから、この政策は喉から手が出るほど欲しいところでしょう。3社ともCDOのレートを見ると、凄いことになってるみたいですよ。(^O^)

 J@Lに資本注入して、政府主導で、ANAに吸収させたら、新会社は、『お尻のエアーライン』になっちゃうなぁ~と、寝ながら考えていたら、なかなか寝付けなかったのは余談であります。ハイ、朝からスイマセン。

 支持率脅威の80%というアメリカ新大統領に比べて、日本では、麻生川柳なるものがはやっているみたいです。面白かったので、転載してみますね。

@ボンボンがバトンを繋ぐ総理の座

@失言が政策よりも期待され

@イチローとタローの難局物語

@ふり仮名が無くても読めよこの空気

@あなたこそ何をしたいかわからない(ハローワーク編)

@バカヤロー祖父は言ったが孫言われ

 しかし、うまいもんですね~。さすが、日本人は遊び心があると思いました。どんな時でも、明るくいかなきゃですね。

 業界情報!本当に、本当に、最終通告しておきますね。のりぞーの読みでは、多分、ここ数ヶ月で住宅ローンが超厳しくなると考えています。ま・さ・か!?と思われるかもしれませんが、のりぞーの嫌な予感は結構当たるんですよ。住宅ローンは間違いなく、厳しい方向に向かっています。購入したくても、ローンがつかなかったら、買えませんよ。欲しい人は、お早めに。

ここから本文です。現在の位置は

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

阪神南県民局

 おはよーでござんす。いや~、本日は、一日中バッタバッタしていたので、更新が遅れちゃいました。現在、北口から北東の方向で多区画現場を進行中ですので、楽しみにしておいてくださいね。

 忙しいので手短に。不動産取引をしていますと、法律の解釈や、判断、瑕疵にあたるのかどうか?などなど、たくさんの疑問が発生します。いくら、法律の文面を知っていても、その時、その時の状況に応じて、「ん~!!?」となっちゃうことも多々あります。

 そんな時は、尼崎市にある、阪神南県民局に電話するのが一番ですよ。阪神南県民局に電話して、「宅建業法について教えてほしいのですが・・・。」とか、「不動産の取引に関することでお聞きしたいのですが・・・。」と言えば、必ず、あるおじ様につないでくれます。

 渋めの声をした、ダンディーそうなおじ様が出てきて、いつも、一発回答を解説付きでしてくれます。頭の中に、全ての判例が入っているのじゃないかと思うほど、明快に答えてくれます。このおじ様の回答には、のりぞーも脱帽させられます。もちろん、県民局なので、無料です。

 兵庫県民ならば、誰でも無料で丁寧に教えてくれるので、困ったなぁ~なんてことがあれば、ここが一番だと思います。エンドさんであれ、業者さんであれ、第三者の公平な意見を聞きたいのならば、弁護士さんよりプロだと思いますよ。

 もちろん、のりぞーも頻繁に使わしてもらっています。

 今後とも、よろしくです。県民局さん!

 物件情報!パークハイム泉町にて、リフォーム済みで中古マンションが出ますよ。上層階。バブル仕様でゴージャスです。多分、2000万円台中盤です。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

やな予感?

 おはよーでござんす。え~っと、ちなみに昨日は、大地震はこなかった模様で、盲目的にジュセリーノを信じていたM社長も、「あいつを、風評被害で訴えてやるっ!」とおっしゃっていました。まっ、そんなもんやね。(^π^) その場合、管轄裁判所はどこになるんやろっ?

 阪神間の不動産市況は、時期要因もあってか、物凄く底堅い需要に物件が飛ぶように売れていっています。本日のグループ販売会議においても、商品在庫の減少に、売り物件を作ることが急務であるという結論になりました。 まぁ、この先、西平PJ、上甲子園PJ、目神山PJ、宮西PJ、他進行中物件と、プロジェクト系が目白押しで商品化されていきますので、とりあえず、今年は大丈夫そうですけどね。

 ただ、その底堅い阪神間の不動産市況とは、真逆をいくかのように、株式市場に暗雲が広がってきているような気がするのは、のりぞーだけでしょうか?

 日本政府は、公的資金を活用し、銀行だけではなく、一般企業にも資本注入する制度を新たに設ける方向で検討をし始めたそうです。まだ、予算も成立していない、この時期に、こういった制度を検討し始めた政府は、一体、何を隠しているのでしょうね。

 アメリカ政府が、ビッグスリーを救済するというだけで、多くの米国民が反対したように、もしも、この手の制度が日本で出来たとして、じゃ~、どれだけのクラスの企業を助けるというのでしょうね。国民の血税が、一私企業を救済する為に使われるのは、なかなか国民の理解を得ることは難しいと思われます。そんなことは、百も承知で、こういった制度を検討せざるを得ない状況にあるとするのならば、一体、日本政府は、どういったケースを想定しているのかと考えると、空恐ろしい気分になります。

 現在、もっぱら次の火種は、イギリスと言われています。金融立国を目指し、昨年までは我が世の春を謳歌したアイスランドが破綻したように、産業の空洞化が進み、同じく金融立国化したイギリスの破綻が秒読みと言われています。もしも、イギリスに火の手が上がるようなことがあれば、それこそ為替に与える影響は甚大なものになると思われます。

 どちらにせよ、一度、大き目の振るい落としがきそうな気配が濃厚ですね。備えあれば憂いなしです。ご注意を。

 ではでは。

 

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

ジュセリーノフェチ

 おはよーでござんす。いや~、すごい冷え込みで、雪まで降ってきましたね。こうなると、なかなか出不精になるのでしょうが、暖かいコーヒーを入れてお待ちしてますので、来場・来店してくださいね。

 息抜きに小話を一つ。

 我がGグループ総裁の、M社長は、少々オカルチックな部分をお持ちです。

 そのM社長、昨年からずーーーーーっと、ジュセリーノの予言を信じられております。

 『北京オリンピックは開催されない』・・・見事に開催されました。日本勢もたくさんのメダルをとりましたよ。(^O^)

 『1月25日に、近畿圏でマグニチュード8以上の地震が来る』のだそうです。

 ということで、本日は1月25日です。皆様、一応、当たったら嫌なので、気をつけましょうね。(^O^)

 物件情報!苦楽園@番町。土地情報です。場所は、一等地。約50坪クラスで、@80万強です。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (2)

2009年1月24日 (土)

ペナルティーは効果があるのか?

 おはよーでござんす。本日は、不動産戦闘日の土曜日です。気合入れて、頑張りまっせ!!

苦楽園店:http://www.fudosancom.jp/weekly.html

芦屋・東灘出張所:http://www.fudosancom.co.jp/weekly.html

 今日は、今年一番の冷え込みということで、全オープンハウスにて、暖かいほうじ茶をご用意してお待ちしておりますので、ドシドシご来場くださいね!しかも、ほうじ茶は無料ですよ!

 実体経済の悪化が、目に見えて表面化するに従って、ありとあらゆる企業において、リストラ、支店閉鎖、ボーナスカット、給料カットの話が聞こえてきます。

 我が不動産業界も、大手の仲介業者さんを筆頭に、支店閉鎖、人数のターゲットを定めたリストラ、給料査定の見直しが始まっております。

 しか~し、本当に、この手の処方が意味があるのかどうか?確かに、経費が削減されるという財務的な部分では、効果があるのでしょうが、目に見えない形でのデメリットはないのかを考察してみました。

 「報酬と罰」という心理学のレポートを読んだのですが、人間は報酬に対しては、効果的に動くことが出来るらしいのですが、罰に対しては、なかなか効果的に動くことは出来ないそうです。

 例えば、明日、試験があるとします。試験勉強をしないで悪い成績を取り、怒られるのも嫌。だからと言って、いま、遊ぶのやめて、つらい試験勉強をするのも嫌。どちらを選んでも嫌な罰が待っている場合、人間は、突然掃除をしたり、本を読みたくなったりするそうです。(^O^)

 試験勉強をしないで、遊んだり寝たりするのは、やはり不安や罪悪感を感じてしまい嫌なのですが、掃除や読書は、悪いことではないので、不安や罪悪感を感じることなく、勉強をするかしないかの苦しい選択から、自分の行動に理屈をつけて、逃げることができるそうです。実際の、問題解決にはなってないんですけどね。

 このように考察すれば、今、経営者達がしないといけない仕事は、ペナルティーの設定に励むのではなく、いかにして、関与している人達の「やる気」「モチベーション」を上げるのかの方法を探し、速やかに実行に移さないといけないのでしょうね。ただでさえ、不安が渦巻く現在において、更なる恐怖は、逆効果でしかないという結論です。やる気・勇気の解放を心がけないと。

 ということで、当社では、『笑う角には福来る』を毎朝実践しようということで、一日、一人の担当を決め、『すべらない話』をしてもらうことにしました。本日の担当は、キムヨンナム氏です。確かに、全員の笑いはとれましたが、朝から、下ネタでした。ふぅ~、まだまだですね。(^π^)

 物件情報!苦楽園2番町にて、中古戸建てが出そうです。ちょこちょこ売り物が出てきましたね~。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

A new era of responsibility (新しい責任の時代)

 おはよーでござんす。オバマさんが就任され、早速、昨日から大統領としての業務が始まっていますね。え~なぁ~、大統領!よっ!大統領!のりぞーも、のりぞー帝国をつくって、大統領に就任しよっかなぁ。

 というわけで、来るべく、のりぞー帝国の大統領就任演説の為に、オバマさんの就任演説を熟読させて頂きました。その中で、一番、大事だなと思った所が、

『A new era of responsibility (新しい責任の時代)』の部分です。その中で彼が言っているのは、

『堤防が決壊した時、見知らぬ人をも助ける親切心や、友人が職を失うのを傍観するより、自らの労働時間を削る無私の心が、暗黒の時に苦難を乗り切らせてくれる。我々の運命を最終的に決めるのは、煙に覆われた階段を突進する消防士の勇気であり、子供を育てる親の意思である。』と。

 無私の心が、今の苦境を乗り越える唯一の手段であると言っています。

 また、その為には、

『我々の成功の土台となる価値観は、誠実や勤勉、勇気、公正、寛容、好奇心、忠誠心、愛国心といった古いものだ。これらは、不変の真実である。』とも。

 国民一人ひとりが自覚と責任を持って、いやいや義務を引き受けるのではなく、喜んで機会と捉えろと力強く発言しています。

 これは、米国民だけではなく、全世界の人々にメッセージとして発信したんでしょうね。

 ニュースでは、ほとんど流れていないですが、最近、すごく反省していることがあります。それは、潜在的なマイナス思考です。

 今回の、世界金融恐慌の引き金は、リーマンを始めとする投資銀行達の無茶なサブプライムローンがらみの商品だったことは、自明の理です。もっとも、大元に流れる根源は、30年間近く続いたアメリカの借金経営による大量消費の矛盾が破綻しただけのことなのですが、本来であるならば、一番、アメリカが傷ついてなくてはならないであろうし、ほとんどの人は、そうだと思っていると思います。

 与謝野さんが、「日本は蜂に刺された程度の影響」とのコメントをしたり、マスコミも、日本の金融機関の影響は、世界に比べてマシな方と言っていたり、ここ最近の円高も、サブプライムの影響が一番少ない日本円に緊急避難しているからだとの解説が横行しています。

 果たして、本当にそうなんでしょうか。というのも、実際の数字を見てみると、

【NYダウ】 2008年9月2日 約11790ドル

2009年1月23日現在 約8122ドルで、ピーク時の68%

【日経平均】 2008年8月29日 約13079円

2009年1月23日現在 約7814円で、ピーク時の59%

 以上のように、日本市場の方が、被害は甚大ですし、昨年11月統計の自動車の輸出台数が、前年比19%減に対し、国内の新車販売台数は27%減となっています。

 本来であるならば、一番被害を受けていないとおかしいアメリカ市場よりも、日本国内の内需の方が、被害は甚大であるという逆転現象が生まれていることに危惧をします。

 これは、色々な要因が考えられると思うのですが、一番の根底にあるのが、日本国民に悲観論者が多く、また、悲観論が好きという国民性にあると考えられます。

 毎日のように、垂れ流されるマイナスを強調したニュース、また、それをしたり顔で更に煽るコメンテータ達。そして、それを対岸の火事のように見ている視聴者である国民。マイナスの思考は、更なるマイナスを呼び込み、トヨタに続いて、日産も、ソニーも、あの一流といわれる企業達でさえ、赤字なのだから、我々も仕方がないなぁ~とのマイナスの洗脳が蔓延っているのだと思います。ちょっと、待ってくださいね。トヨタなんて一生遊んで暮らせるほどの内部留保を抱えてますから、死にようがないですよ。

 今、オバマさんが言っている、本当に大事なことは、現状をしっかり認識し、いたずらに風評に流されず、責任を持ち、立ち向かって行かなければならないってことです。全員が立ち向かって行く時に、マイナスの思考は邪魔でしかありません。現状認識した後は、では、どうすれば良いのか考え、プラスの発想で、建設的な行動をとることが大事なんでしょうね。

 これは、個人一人ひとりから始まり、家族、会社、業界等々の、小さなコミュニティーから、チェンジしていかないといけないのだと思います。

 要は、明るく、楽しく、元気よく!これが大事ってことですね!

 Yes we can!!

 物件情報!甲陽園南シティーハウス上層階、2000万円台後半です。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

無事セミナー終了

 おはよーでござんす。しか~し、なんでかわかんないですけど、やたらと色々な「会」の幹事をやらされるのりぞーです。おかげ様で、のりぞーの携帯には、ホテルから宴会場、お食事場所から飲み屋さんまで、人数にあわせて一発で予約できるところが、満載ですよ。益々、幹事をやらされそうな予感です。

 というわけで、火曜日は無事に、七日会(阪神間の不動産業者の集まり)の新年会の幹事をつとめあげ、明けの水曜日は、当社の広告にも入れた、西宮JC研修委員会主催の「経営の品質を高め、志ある企業に成長しよう!」というお題で、鬼澤慎人さんをお招きして、公開研修セミナーを開催しましたよ。

 経営者向けのセミナーだったのですが、「良い会社とは、全ての関与している人達が幸せになれる会社である」とか、「経営者は、社員さん全員の夢を知り、理解しておき、その夢の為に一緒に実現に向けて日々変化していかなければいけない。」とか、「当たり前ではなく、感謝する気持ちを持ち続けなければなりません。」等々のお話がありました。

 ん~、実に為になるお話しで、大変勉強になりました。そして、何よりも嬉しかったのが、広告を見て公開研修に来ていただいた、一般のお客様達がおられたことです。社員さんのブーイングの嵐の中を、物件のスペースを割いてまで、掲載してよかった。(^O^)

 ということで、来月の2月13日(金)にも、公開研修があります。当日は、講師に報道2001とか、サンデープロジェクト等のテレビや雑誌でおなじみの、柘植大学大学院教授の「森本 敏」さんをお招きして開催いたします。

この人↓

Photo

 

 

 

 

2月13日(金) 受付開始18:00、開会18:45分から、場所は西宮市民会館 大会議室 受講料は2000円 定員は先着115名までで、『どうなる日本2009~激動の政治経済を見通す~』を開催いたしますので、参加したい人は、ご連絡くださいね。

 ん~、不動産屋さんやめて、イベントプロモーターにでもなろっかな。あっ!誤解されそうなので、一応言っておきますけど、この手の事業は赤字ですからね!万が一、黒字になったとしても、全額寄付行きになりますのであしからず。ドシドシ、応募しちゃってくださいね。

 バイバイ!!

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

事業主の逆襲

 おはよーでござんす。いよいよ、オバマ新大統領が就任されます。全世界の期待を一心に背負い就任するわけですから、心中のプレッシャーは想像を絶するものなんでしょうね。人それぞれには、ポジションがあり、それに応じて責任感が発生するのでしょうが、多分、オバマさんは、世界トップクラスの責任感が発生しているのでしょうね。頑張ってほしいものです。

 最近、事業主(建売業者)の方が、自社販売の会社を持つケースが増えてきています。例えば、@*不動産という会社なら、@*不動産販売みたいな、子会社ですね。

 理由は、接待交際費が倍になるなんて、つまらない理由ではありません。(当たり前かっ!)

 それは、ここ最近の不動産価格の下落からの、売れ残り在庫物件の整理の為の、自己防衛からですね。

 仲介屋さんは、旬を喰らう生き物です。毎週・隔週と広告を入れて、お客様を呼び込み、案内し、契約して初めて手数料を頂いて、収入を得ていくのですが、毎週、同じ現場で、お客様の来場が少ないことが予想される場合、どうしても他の現場や物件を広告に掲載して、常に新しいお客様を獲得しようとします。ちなみに、うちの場合、同じ現場でカラー広告を2週入れただけで、売り側の手数料はぶっ飛びますからね!

 本来であるなら、「お前に販売をまかす。」と言われた以上、真剣に売れる方法を検討し、ありとあらゆる手段を用い、ゴールまで導くのが仕事なのに、常に新しいモノを探し、喰い散らかすという仲介業者の手法に、とうとう事業主さん達も反旗をひるがえしたのでしょうね。

 これは、仲介会社全体が深く反省をし、販売のあり方を考え直さないと、事業主さん達が、自社販売の会社を持つという動きが収まることはないでしょうね。

 ん~、「不動産ドットコムよ、お前もかっ!」って言われないように、オープンハウスの待機の仕方、商談力、人間力、フォロー等々を、もう一度、一から練り直さないといけないなと、深く反省した次第であります。

 まぁ、「やれるもんなら、やってみろっ!」なんて、悪魔の囁きもあるんですけどね。(^π^)

 物件情報!苦楽園1番町で、素地情報が、ポロポロ出てきております。逆に言えば、先に、エンドさんの方が、気に入ってくれたら、仕入れがしやすい物件達なので、あの辺で探している人は、こっそりのりぞーに聞いてください。それ次第で、動きます。(^O^)

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

阪急甲陽線相場観

 おはよーでござんす。昨日の、NHKの「女と男~最新科学が読みとく性~」を何気なく見ていて、空恐ろしくなったのりぞーです。にゃんと、男性がこの世からいなくなるみたいですよ。う~ん、確かに、最近の傾向で、男性の精子が極端に弱くなってきているという話は知っていたのですが、ここまで酷い状況になっているとは思わなかったです。僕の場合、長男も次女も”出来ちゃった”だったので、非常に複雑な心境です。人間というよりも、チンパンジーに近いのかもしれませんね・・・。

 エヘへッ、朝一から、軽~いオヤジギャグをぶっ飛ばしたところで、阪急甲陽線の相場観の修正にいきますね。

 季節的要因からか、阪神間の市場は、急速に活性化しだしています。それに伴い、昨年来から販売中の物件が価格調整の後、売れていっていますね。

 まず、中古マンション市場。こちらは、悲壮感漂う仲介会社の査定よりも、1割UPが適正相場っぽいですね。昨年夏以来の、急速な地価の下落で、ほとんどの仲介会社の営業さん達が、先行き不安+下落を読み込んだ査定をしています。旺盛な需要が下支えとなり、弱冠、反転の兆しが見えてきていますね。ちょうど、4年前クラスの値段が適正かと。

 次に、新築戸建て。これも、事業主さんの先行き不安から、一次所得者向けの商品にシフト移行が徹底されたせいか、3000万円台前半の商品が巷にあふれ出しています。戸建て3000万円台前半は豊富なラインナップが揃うと思いますので、選びたい放題かと。ただし、過去の阪神間の相場を見るに、3000万円を切る新築戸建ては、エリア的に考えにくいところですね。完成後の値段交渉で、市場から消えるというパターンが続きそうです。

 中古戸建て。原則、売主さんが一般エンドのパターンが多い為、いまだ、相場より上に乖離している物件がチラホラ見受けられます。特に、超人気エリア、夙川駅周辺とか、苦楽園口駅周辺の、高額物件にその傾向が見受けられます。下げる余地アリなので、しっかり見極めてくださいね。

 土地。事業主さんが売主の物件は、二手に分かれてますね。銀行の融資期限の関係上、次々に価格変更していってる物件は、やはり適正価格ちょい下の値段で市場から消えていっていますが、体力上、損切りできない物件は、いつまでも高止まりの販売価格がついているので、要注意です。特に、山手は、一般エンド売主の思い入れ価格とあいまって、供給過多が続いていますね。下落余地ありですね。

 全体的にいえることは、価格調整・住宅ローン控除・金利低下による需要喚起+季節要因が絡まって、久しぶりに、「さすが、阪神間やなぁ~!」というぐらいの、スピード感が復活しております。とりあえず、3月くらいまでは、今の状態が加速しそうです。それぞれの個別物件については、個人的に聞いてくださいね。(^O^)

 物件情報!う~ん、夙川駅南方向の、超人気小学校エリアで、新築物件がでそうですよ。詳細は、のりぞーまで。

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

ツキを呼ぶ魔法の言葉

 おはよーでござんす。昨日は、当社の新年一発目の広告だったのですが、凄く多くのお客様の反響がありました。やはり、1月~3月は、季節要因でしょうが、物凄く動きますね。流通物件も、次々に消えていっています。住宅ローン控除、金利低下、地価下落の三種の神器が浸透してきている結果だと思います。何度も、書き込んでいますが、今後の金融機関における住宅ローンの取り組みが、凄く厳しくなることが予想されるので、本当に購入したい人達は、とにかく早めに住宅ローンを通しておいた方が良いですよ。 (ちなみに、早期契約をしたいが為の、しょうもない脅しなんかじゃないですよ。本当に、金融機関の住宅ローンの締め付けが厳しくなってきてますからね!)

 僕が毎日読んでいる、SハウジングのO社長のブログに、「ツキを呼ぶ魔法の言葉」というタイトルの文章があり、不祥のりぞー、大きくウンウンとうなずかされました。

 結論から書きますと、言葉には魂があり、いつも「ありがとう」という言葉と、「感謝します」という言葉を使いなさいとのことです。いやなことがあると、「ありがとう」、逆に嬉しいことがあると「感謝します」の言葉を使い分けると尚良いとのことです。

 また、故松下幸之助氏の「出来事の肯定的解釈」の話より、「運の強さとは、まず自分にふりかかるすべてを「自分は運が強い」と捉えることによって、その人の身につくものである。」という文章も引用されてました。

 長い営業生活の中で、上記のような話は、何度も何度も研修や本、映像等で教えて貰いました。また、そのような思考でいた方が、すべての物事が好転することも経験上知っています。

 でも、どうしても日々の日常に流され、また不景気なニュース等々で、いつの間にか思考がマイナスに、内向きになってしまいがちです。みんなが悪いから、自分も仕方がないかと思うのは簡単ですが、それでは先細りしか待っていません。

 まず、「自分は強烈についている!」という言葉から始めて、その様になる為の水面下の努力を怠らないことが、今の世の中を生きていくための唯一の方法論なんでしょうね。

 そういえば、意識調査で、「もてる男の人」と「もてる女の人」のタイプが、両者とも1位が「気配りのできる人」になってました。ほんの、少し前までは、「もてる男の人」の1位は、「面白い人」だったのですが、これなんかも世相を表しているのだと思います。

 「気配りのできる人」=いつも周りにアンテナを張り、周りの人たちを、自然と明るく、幸せにできる人が、今の時代に求められているのだと思います。

 のりぞーも、苦楽園エリアの太陽となるべく、頑張りまっせ!(^π^)

 物件情報!甲陽園@山町にて、新築戸建が出そうですよ。多分、総額4000ぐらいだと思います。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

あれから14年

 おはよーでござんす。早いもので、阪神大震災よりもう、14年が経ちました。

 人的被害、死者6434人、行方不明者3人、負傷者4万3792人、住家被害、全壊10万4906棟、半壊14万4274棟、一部損壊39万506棟という、強烈な被害をもたらした阪神大震災。

 今年の新年会で、ある議員さんがおっしゃっていましたが、兵庫県は、あの震災さえなければ、もっと活性化していたことでしょうと。

 しかし、僕は思うのですが、あのスケールの被害を受けてなお、兵庫県の街並みは見事によみがえっております。当時の週刊誌なんかには、評論家さんが、兵庫県は今後10年は復活が難しいと言われていましたが、なんのなんの3・4年で少なくとも外見上の被害は見当たらなくなってました。

 今、世の中を取り巻く環境は、100年に一度の不況と言われています。でも、あの大震災でさえ乗り越えた、兵庫県及び日本のパワーは、もの凄いものがあると確信しております。あの大惨事で学んだことは、希望を捨てずに、全員で前向きに生きるということが大事ということでした。

 ともすれば、風化しがちな昨今ですが、今一度、あの時の「頑張ろう神戸」を思い出し、この不景気に立ち向かっていきたいものです。

 ご冥福をお祈りいたします。

 物件情報!いよいよ、西平町PJ(6区画)が2月の第一週より販売開始となります。地積は100.35㎡~105.48㎡。3号地は建売住宅4680万円(税込)、他の号地は建築条件付き土地2780万円3区画と3080万円、3380万円となっております。設計事務所は横山設計事務所、施工は㈱エストコーポレーションのリブレシリーズとなっております。参考プラン図、施工事例、打ち合わせ等は、ご連絡ください。

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

新春名刺交換会

 おはよーでござんす。昨日は、兵庫宅建協会の新春名刺交換会に行ってまいりました。

 不動産業者さんは、1000万円の自己供託をする以外は、(社)全日本不動産協会か、(社)兵庫宅地建物取引業協会に所属することになります。

 不動産ドットコムは、(社)全日本不動産協会に所属しているのですが、阪神間の不動産業者さん達のほとんどは、(社)兵庫宅建に所属しています。

 個人的には、兵庫宅建の業者さん達とも、非常に仲良くさせていただいているのですが、(社)全日である以上、会合とか新年会とかに出席することはできませんでした。

 ところが、この度、当社が、阪神不動産協同組合という組合の理事になった関係上、阪神不動産協同組合員の中村ということで、新年会に参加してきたんですよね。(^O^)

 西宮だけでも、(社)兵庫宅建は600社クラスあり、昨年、西宮支部と芦屋支部が合併したこともあり、凄い人数になってましたよ。昨日の、名刺交換会だけでも、300社近くの不動産業者さんが集まっており、壮観でしたね。

 来賓には、大前代議士や芦屋市長、西宮副市長、阪神南県民局長、県会議員さん、市会議員さんと、そうそうたるメンバーが来られてて、改めて組織力の凄さを痛感しました。

 なによりも、こんなに多くの不動産業者さん達が、西宮・芦屋にはおられ、こんな厳しい環境にも関わらず、頑張っているんだなぁ~と思うと、こちらも負けてられないなと、強く思えたのが、収穫でした。

 もっと、もっと、横のつながりを強化すべく、情報収集の為の外交を頑張ろうと思ったのでした。

 物件情報!樋之池町にて、中高層エリアのお知らせです。約580㎡、@125万円、表通りは店舗にも最適です。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

日本版サブプライムローン

 おはよーでござんす。いや~、多少叩かれるかなぁ~と思って書き込んだ、先日のブログなんですが、物凄い反響みたいで、賛否両論のコメントも多数いただきましてありがとうございました。おかげ様というのも変なんですが、「住まいインテリア」部門のランキングで1位になってましたよ。(^O^) たくさんの人達が、このブログを見て頂いていると思うと、身の引き締まる思いです。まぁ~、適当に頑張ります!

 え~っと、日本版サブプライムローンが与える今後の影響を考えます。

 まず、銀行業務は、預金者さんから預金を預かることから始まります。頑張れ阪神タイガース預金とか、他行に比べて?%お得等々の謳い文句を使い、あの手この手で、預金を集めるのですが、その預金は銀行にとって債務になります。

 大雑把に言いますと、その債務を、一般の企業に貸し付ける一般貸付と、残りのお金を有価証券等で運用しているわけです。

 ところが、皆さんもご存知のように、金融機関が運用している有価証券等が、ここ一連の世界同時不況の御蔭で、完全にフリーズしてしまい、塩漬け状態となっております。

 更に、世界同時不況は実態経済にも影響を及ぼし、本来であるならば、健全融資先であった貸付先が、次々に経営内容が悪化しており、正常先→要注意先→破綻懸念先→実質破綻先→破綻先と移行していっております。

 ここで問題となってくるのが、債権の分類が随時悪化するに従って、銀行は、貸倒引当金を積んでいかないといけないんですよね。

 有価証券類はドボ漬けフリーズ、更に、貸倒引当金にお金が必要となり、ここに来て、各金融機関は深刻なキャッシュ不足に陥っているわけです。

 ここまでが、現状の金融機関を取り巻く環境です。ここからが、我々にも影響を及ぼす話になります。

 銀行のお偉いさん達は、深刻なキャッシュ不足の中、なんとかせにゃ~ということで、行内をグルリと見渡してみますと、「見っけた!!」。そうです、優秀な債権が存在したんですよね。その名も、「住宅ローン」 たいして、利益も運ばん商品ですし、日本における住宅ローンは、焦げ付きも比較的少なく、買い手も存在することだろうということで、オマトメパックにして売り出す動きが出てきています。

 ○×銀行オマトメ住宅ローン、□△銀行オマトメ住宅ローンが商品として流通しだしております。

 既存のお客様達は、その債権が譲渡されたところで、契約があるので、影響は受けないですが、上記商品が多発することにより今後の住宅ローンにおいては、深刻な影響を及ぼすことが想定されます。

 というのも、昨年まで猛威を振るったファンドを考えればいいと思います。当時は、ファンドが収益をまとめて購入してくれるということで、色々な会社がせっせとファンドに収益をおろしていました。ところが、コンプライアンスの問題とあまりにも多くの物件量の関係から、物件に対する厳しいデューデリジェンス(審査)が加速したのです。やれ検査済みが必要などですね。

 さて、話を住宅ローンに戻しますと、オマトメ住宅ローンを購入する組織にとって、超低金利の商品を購入するわけですから、焦げ付きが多発したり、担保に押さえていた物件が、実は融資額に見合わないなんてことがあると、非常に困った状態になります。というわけで、属性及び物件の選別をしだすことは容易に想定されます。

 上場企業に@年以上勤続していて、年収@@@万円以上ある人で、かつ物件はピッカピカみたい住宅ローンのみ買取ります、なんて具合ですね。

 そうなると、優良住宅ローンを纏めて売却した銀行に残る住宅ローンは、「おいっ!大丈夫かいな?」なんて住宅ローンばかりが残ってくるわけです。

 必然的に、お偉いサン達は、だったら最初から、こういう住宅ローンは受け付けないようにすれば良いという考えになり、今までなら、楽勝で受諾していた住宅ローンが急に厳しくなるという現象が、多分、遠くない将来に起こることが想定されます。

 「だったら、行政でキチンとしろっ!」と叫んだところで、日本の不動産における行政は、知れば知るほど、ムッチャクチャですからね。地積にしたって、構造物にしたって、擁壁にしたって、道路にしたって、何から何まで、江戸時代とそう変わらんのとちゃうかなぁ~。(^O^) それこそ、地勢リスク(地震が多いとか、軟弱地盤とか、増水エリア等々)まで考慮すると、凄い二極化が出てきますよ。あのエリアの住宅ローンはOKですが、そのエリアの住宅ローンはペケです、なんて具合ですね。

 ということで、刻一刻と住宅ローンを取り巻く環境もチェンジ!してきていますので、よく考えてくださいね。

 

| | コメント (2)

2009年1月13日 (火)

辛辣なコメント

 おはよーでござんす。叩かれるのを覚悟で、最近、凄く疑問に思っていることを書き込みますね。

 それは、ここ最近の、派遣切りのニュースに対する、各マスコミの対応とコメンテーターの発言と、議員さんの動きです。

 比較的、お家でニュースを見ることが多いのですが、どのニュース番組を見ていても、派遣先の寮を追い出される人、派遣村の炊き出しのシーンや、公園のテントで寒空を凌ぐ姿、職安に何度も通いつめる人、それに対し、政治が悪いと吼えるコメンテータ、なんとか救済しようとする民主党議員などなど・・・。

 あえて、言いますね。叩かれるのを覚悟で、

・・・

・・・

『あったり前やんけ!!』

 こう思うのは、のりぞーだけなんでしょうか?アリとキリギリスの話じゃないですけど、冬の寒い時に空腹のキリギリスに、アリは支援しないといけないのか甚だ疑問に思います。アリだって、大不況の中、コツコツ蓄えてきたものを食い潰しながら生きていかなきゃいけないこのご時世に。

 日本国民である以上、国民は、子供にとったら教育を受ける権利と、親にとったら教育を受けさせる義務があります。教育・納税・労働の三大義務の一つですね。

 小学校から始まる義務教育の中で、子供社会における普遍的な学業という基準のもと、少なくとも成績という競争社会が始まるわけです。それは、中学校へと続き、進学率90%を超える高校までは、ほとんどの国民において、同条件下の下での競争となります。親が超金持ちとかの例外を除いてね。

 お医者さんになりたい、パイロットになりたい、世界で羽ばたくビジネスマンになりたいという幼少の頃の夢を実現すべく、思春期の多感な時期を、自己実現の為に、欲求を抑え込み、努力してきた人達と、したいことをし、やりたいことをし、将来の自分への投資を怠ってきた人達が、同じわけがあるわけないじゃないですか。

 不景気で仕事がないとニュースでは言っていますが、福祉関係等の業種は、依然人手不足です。

 坂本大臣が派遣村の人達に、「本当に働く気があるのか・・・。」というような発言をして、謝罪させられてましたが、ある意味、拍手喝采をおくった国民も多数いたような気がします。

 のりぞーの場合、基本、努力する姿勢の社員さん達には、全力で愛情を注ぎ込もうと思いますが、姿勢の無い人には、容赦はないです。また、努力の習慣のない人にも、原則同じです。

 沖縄の成人式の様子と派遣切りのニュースを見て、つくづく思います。コツコツ頑張ってきた人達でさえ、どうなるか分からない世の中において、派遣しか行き先のなかった(病的理由等は省く)人達は、それが自分自身生きてきた結果で、自業自得としか言いようがないですし、助けてる余裕なんてあるわけないです。それが嫌なら、学業を頑張っておけばよかったのです。景気の良い時に、フリーターやらの言葉がもてはやされ、バイトでも十分生活が成り立つと言っていた人達が、どれだけ多かったことか。

 というわけで、働く場所、業種さえ選ばなければ、働く所なんていくらでもある派遣切りされた人達に同情をよせるニュースには、吐き気をもよおすのでありました。そういう人達に限って、上司が気に食わないとか、自分には向いていないとかいって、すぐにケツをわりますから。

 「働かざるもの食うべからず」「因果応報」「努力すれば報われる」 これが、日本古来の美徳だと思いますよ。

 ん~、叩かれそうやなぁ~。gawk

 物件情報!獅子ヶ口町において、中古戸建てを仕込んでいる最中です。多分、手ごろな価格になると思いますよ。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (16)

2009年1月12日 (月)

集客方法の変化

 おはよーでござんす。なんとなくぐずついた天気の続く3連休ですね。雪もチラホラですし、地球寒冷化現象が本格化してきたのでしょうか?

 多分、不動産業種に関わらず、不況下の商売においては、どの業種も集客方法に頭を悩ませてることだと思います。

 のりぞー自身も、年が明けてから、あちこちの仲介屋さん達に、集客状況及び集客方法について、ヒアリングをかけていったのですが、画期的な方法や、特別効果のある方法は、どこも皆無で、みんな頭を悩ませているみたいです。

 一昔前みたいに、折込広告をいれておけば、おっかなびっくりお客様より問合せがあるという時代は、もう過去のものです。お客様にとったら、情報の鮮度、利便性、秘匿性など、あらゆる面で、ネットを使った物件情報収集が主流になってきていると、ヒシヒシ感じます。

 そういう時代に、どうやって営業マンの存在価値を高め、また人的交流をはかるのかが、各社のキーになってくるのでしょうね。

 ネットが主流の集客方法から、次の時代は、そのネットを使用した便利ツールみたいな機能性を持たしたものが主流になっていきそうですね。そうなるとドンドン、在宅しながら自己完結してしまう、一方向の情報伝達が加速していくような気がします。

 で・も・ね!ネットにも、チラシにも掲載できる時期じゃ~ないような、超水面下の物件が営業さんの脳の中にあることも、お忘れなく!!既存のお客様達は、よくご存知でしょうけども、意外とドットコムには、そんな物件があふれてるんですよ!(^O^)

 物件情報!そう考えると、この未確認物件情報も、ブログに掲載するのが、もったいなく感じてくるかもですね。まぁ、当面は続けますが。もうすぐ上甲子園5丁目にて6区画新築分譲が発進です。価格帯は3000万円台前半。参考プランが出来上がりますので、今の段階ならご希望のプランニングができますよ。ではでは。

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

生産調整

 おはよーでござんす。いよいよ西宮えびすも今日で終わりですね。毎年のことなんですが、やはり西宮市は、このえべっさんが終わらないことには始まらない感じです。

 不動産仲介業の会社さん達にとって、この3連休から広告を入れてくる所が多かったんじゃないかと思います。うちは、2年連続、西宮えびすにやられた経験があったので、来週の広告が今年初めての広告となります。(状況を聞いてると、なんとなく正解だったような気がします。)

 というわけで、のりぞーも、お客様目線で、各社の広告を楽しみに見ていたのですが、あることに気づきました。

 それは、新規物件がほとんど無いということです。例年ならば、この正月休みの間に、新年の初物売り物件の段取りをしておき、新年一発目から初広告で集客を狙うのですが、初広告であるのは、単発の中古マンションチョロチョロぐらいで、あとは既存物件の値下げか、新築マンションの在庫一斉セールぐらいでしたね。

 トヨタや日産が、大幅な生産調整をしていますが、その波が不動産業界にも押し寄せてきたということでしょうか。

 毎年、この時期は、転勤シーズンに伴う売却依頼で新規物件が大賑わいをするのですが、今年はどうやら、かなり数が減少しそうですね。大手仲介屋さんにヒアリングしていても、その傾向は強そうですよ。

 相次ぐ不動産価格の下落で、買替え希望の人の残債と現状相場の乖離が売却を断念させていたり、資産売却組みの人達は、あまりの安さに様子見を決めているような気がします。

 また、プロジェクト系の多区画現場を市場に提供してくれる事業主組も、金融機関の貸し渋りや、在庫整理による毀損ゆえの意欲低下、先行き不安から積極的に仕入れをする業者さんが、極端に減少しています。

 ということは、今後しばらくの展開は、新規物件不足の中、既存物件の在庫整理・価格調整とあいまって、ようやく市場からブツが減少していくことが予想されます。3ヵ月後の流通数字が楽しみですね。

 こんなところでも、需要と供給のバランスは働くんでしょうね。多分、この傾向は、今後益々強まりそうなので、買側のお客様達は、機敏なる動きが求められると思います。

 物件情報!阪急夙川駅東側歩7分位にて、新築戸建てが2区画でそうですよ。価格帯は、4000万円台中後半です。興味のある人は、のりぞーまで。

 

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

優遇幅の恐怖

 おはよーでござんす。最近、半身浴に凝ってるのりぞーでござんす。お風呂に、冷たいお茶と文庫本を持ち込んで、1時間ほど浸かっていると、体中から汗がダラダラ出てきて、凄く気持ちいいですよ。まぁ、碧ちゃんに、「お父さん!!早く出てくれんと、私ら入らへん!!」と怒られるんですけどね。今年は、とにかく痩せるのを目標にします!

 日銀が昨年の12月に、たて続けに政策金利を引き下げた為に、早いところでは、今月中にでも、銀行の基準金利が引き下がりそうです。現行、2.675%のところが、順次2.475%への変更ですね。

 ただし、金利が低下したからと言って、手放しでは喜べない状況になってきております。

 というのも、現在、各金融機関の変動における優遇最大幅が、例えば、池田BKなら1.6%、みなとBK1.5%、京都BK1.5%、但馬BK1.4%(+α)、SMBC1.4%(+α)となっているのですが、池田BKを例にとって考えますと、基準金利2.475%(政策金利の引き下げにより、基準金利を引き下げると仮定して)から最大優遇1.6%を引くために、レス後の金利が0.875%になります。

 0.875%ということは、3000万円住宅ローンをしたとして、銀行の粗利益は、年間で262,500円、月単位で考えますと、21,875円になります。キャッシュの調達コスト、人件費等々を鑑みますと、どう考えても赤字商品になってきます。

 昔なら、顧客の囲いこみということで、給料引き落とし条件やら、火災保険やら、公共料金引き落としやらのパッケージングで手数料を稼ぐこともできたでしょうが、優越的権力の乱用がうるさく言われる現在では、お願いすることすら、ハイOUT!みたいな現状です。

 ということで、各責任者クラスの人達とお話していると、早晩にでも、優遇幅が削られるだろうとの見解でした。多分、3月くらいかなぁ?

 そうなると、せっかく低金利になっても、優遇幅が1.3%やら1.2%にされてしまうと、変動35年間なら35年間、全期間優遇幅がついてまわるので、総支払い額でかなりの損失が発生します。

 例えば、優遇幅MAX1.6%→1.2%となった場合、実に0.4%の損失が発生し、住宅ローン3000万円、期間35年、0.4%の損失で総額約250万円、住宅ローン5000万円、期間35年、0.4%の損失で総額約400万円クラスも支払い総額が変わりますよ!!

 結論、各金融機関が優遇幅の縮小を開始する前に、実行をかけておくことをお勧めします。多分、3月までですよ。

 物件情報!雲井町にて土地が出そうです。土地約50坪。詳細は週明けにわかります。興味のある人は、のりぞーまで。

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

100年に一度のお買物チャンス

 おはよーでござんす。昨日は、仕事始めということもありまして、たくさんの挨拶周りで忙殺されました。

 銀行の支店長さんの来店も多くて、もっぱら改正金融強化法の地銀・第二地銀108行中、半数近くの40行への資金注入の話で盛り上がりました。

 ただでさえ、多額の評価損を抱えてしまった有価証券類が動かないところに、公的資金を資本注入されるわけですから、想定されることは、異常に審査が厳格化され遅くなるということです。本部稟議の上に、金融庁の稟議まで重なったら、一体、回答がでるのがいつのことやら・・・。貸し渋り対策が、余計、貸し渋りにつながるような気がするのは、気のせいではないでしょう。住宅ローンにしても、審査が厳しくかつ遅くなるかもですね。だって、貸せるお金が銀行には少なくなってきているわけですからね。

 できるだけ、在阪の地銀には資本注入しないことを祈るばかりです。

 次に、為替の話を考えてみたいと思います。まず、為替を考える上で大事なことは、大前提をどうするのかということです。

 アメリカの新大統領オバマ氏の経済政策によりますと、09年会計年度の財政赤字は総合景気対策などで、約1兆ドル(約94兆円)に膨らむそうです。また、オバマ氏は、この先数年間は1兆ドルの財政赤字が続くと発言されています。これだけの財政赤字を続けると、米ドルや米国債に悪影響を及ぼすということで、米国が破綻するという識者の発言がありますが、ここで大前提の話がでてきます。

 アメリカが破綻するのかということですね。確かに、無茶苦茶な借金経営をするわけですから、ファイナンス面だけを捉えると、いくらアメリカとはいえ、持ちこたえれるレベルのものではありません。ただし、通貨の側面は何も経済だけではないんですよね。

 全世界193カ国の国の中で、アメリカは突出した軍事力を背景に持ちます。もしも、193人の人間がいて、その中でも、突出して喧嘩に強いA君がいたとします。でも、A君は、ここ何日間か食事をとっておらず、お腹がペコペコです。ふと、横を見ると、喧嘩はしないのが信条のひ弱なB君が、おいしそうにご飯をバクバク食べていました。

 A君は、それを横目に正義感でじっとしているでしょうか?否、確実に暴力によって、その食料を奪い取ることでしょう。そこには、種子保存の本能が働くわけですから、飢えは理性では抑えが利かないと考えられます。

 つまり、アメリカにとって、経済破綻をきたすぐらいなら、戦争を仕掛けてでも自国を守ることでしょうね。

 故に、アメリカが破綻するとか、ドルが基軸通貨から降りるなんて前提は考えられないし、もしも、上記の現象がおきてしまうと仮定するのならば、今、我々がやってる仕事や業務なんて、全てが無意味になってしまうので、考えないようにします。

 では、アメリカが破綻しない、及びドルが大暴落しないという大前提で物事を考えていきますと、現在の円高は物凄いチャンスの時期ということになります。

 世界中で大不況となった結果、すべてのモノの値段が下がりました。それに加えて、日本の輸出企業が悲鳴をあげる程の円高です。

 例えば、1ドル=120円だった時に、海外で5ドルの商品を購入するには、600円用意しなければなりません。それが、1ドル=50円の超円高になると、たったの250円用意すれば、同じモノが買えるわけです。

 つまり、円高が来たことによって、購買力が飛躍的に上がるわけですね。

 世界同時不況により、全世界的にモノ・企業の値段が下がり、更に円高が来ているわけですから、今の日本は、100年に一度の危機などではなく、100年に一度のお買物のチャンスなのです。資源のない日本にとって、本当の脅威は円安であり、超のつく円安が訪れた時には、いくら円を用意しても食料もエネルギーも購入できない状態に陥ります。

 その時の為にも、是非、100年に一度のお買物チャンスをいかして、海外の優良な企業、鉱山、資源関係、不動産、株式などを購入して欲しいですね。

 チャート的には、もう少し円高に振れそうなので、そこが最後のチャンスと思います。個人さんも、何等かの手当てをしといた方が良いと思いますよ。目標1ドル=80円近辺です。

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

今年のグランドデザイン

 明けましておめでとう~でござんす。本年もよろしくでござんす。

 いや~、ぶっちゃけ休みが長かったです。あんまり休みが長いもんですから、休みボケでフニャフニャになりそうでした。

 ということで、新年一発目のブログを行ってみますね。

 毎年、年初にのりぞーがする事の一つに、その年のグランドデザインを漠然と描きます。一年の大まかな世の中の動きの予想ですね。それに合わせて、営業方針を立てたりするのですが、今年のグランドデザインは、『レンジ相場』の一言に尽きると考えています。

 当ブログで予想した通りに、昨年末以降、世の中の情勢に逆行して、株価の方は上昇していきましたが、この上昇は決して本格的に相場回復しているわけではないと考えています。必ず、上値は重たい展開になるでしょうし、下値も鉄板が出来ていると考えています。

 大体、上値は日経平均で10000円前後、下値は7500円前後のレンジ相場の中を行ったり来たりすることでしょうね。急上昇もなければ、大暴落もない、まさに丑年にピッタリの展開、ゆっくりスローモーじゃないでしょうか。その間に、人の噂も75日の格言通りに、このレンジ相場に世の中がこなれていくと考えています。一気にボラティリティが縮小して、妙味のない相場展開ですね。

 ファンダメンタルズ的に考えますと、年度末の各企業の決算内容(多分、最悪プー)、オバマ政権発足の期待はずれ、著名企業の倒産などが、弱材料で、アメリカのゼロ金利政策・量的緩和政策による各種指標の好転などが強材料として、年後半から使われそうです。

 日本の衆議院選挙は、自民党が負けようが、民主党が政権政党になろうが、株価には、まったく影響無しとみています。それが、官僚立国日本のあるべき姿ですね。(^O^)

 次に、上記のグランドデザイン通りの展開となった場合の不動産仲介業者としての戦略ですが、これは、「嗜好性の復活」と位置づけております。

 昨年の年後半は、相次ぐ企業倒産、株価の暴落などから、消費者さんの購買意欲が著しく冷え込み、それに合わせるように、不動産価格も暴落しました。本来であるならば、阪神間に居住を求めるお客様達は、『ブランド志向』のお客様が多いのですが、上記の理由により、希望条件を押さえ込んででも、月々の支払い等のファイナンスの方に頭が行っていたと思われます。

 今年の傾向としては、株式相場の落ち着きが、「嗜好性の復活」を生むものと思われます。人気小学校区限定とか、南向き限定などのブランド意識が復活することでしょうね。それを踏まえたうえで、営業戦略を練っていけば、今年もなんとかなりそうですね。

 まぁ、当たるも八卦、当たらぬも八卦、ご判断はご自身でしてくださいね。

 ということで、今年も最新情報をスマッシュヒットさせていきますので、応援のほどよろしくです。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »