« 辛辣なコメント | トップページ | 新春名刺交換会 »

2009年1月15日 (木)

日本版サブプライムローン

 おはよーでござんす。いや~、多少叩かれるかなぁ~と思って書き込んだ、先日のブログなんですが、物凄い反響みたいで、賛否両論のコメントも多数いただきましてありがとうございました。おかげ様というのも変なんですが、「住まいインテリア」部門のランキングで1位になってましたよ。(^O^) たくさんの人達が、このブログを見て頂いていると思うと、身の引き締まる思いです。まぁ~、適当に頑張ります!

 え~っと、日本版サブプライムローンが与える今後の影響を考えます。

 まず、銀行業務は、預金者さんから預金を預かることから始まります。頑張れ阪神タイガース預金とか、他行に比べて?%お得等々の謳い文句を使い、あの手この手で、預金を集めるのですが、その預金は銀行にとって債務になります。

 大雑把に言いますと、その債務を、一般の企業に貸し付ける一般貸付と、残りのお金を有価証券等で運用しているわけです。

 ところが、皆さんもご存知のように、金融機関が運用している有価証券等が、ここ一連の世界同時不況の御蔭で、完全にフリーズしてしまい、塩漬け状態となっております。

 更に、世界同時不況は実態経済にも影響を及ぼし、本来であるならば、健全融資先であった貸付先が、次々に経営内容が悪化しており、正常先→要注意先→破綻懸念先→実質破綻先→破綻先と移行していっております。

 ここで問題となってくるのが、債権の分類が随時悪化するに従って、銀行は、貸倒引当金を積んでいかないといけないんですよね。

 有価証券類はドボ漬けフリーズ、更に、貸倒引当金にお金が必要となり、ここに来て、各金融機関は深刻なキャッシュ不足に陥っているわけです。

 ここまでが、現状の金融機関を取り巻く環境です。ここからが、我々にも影響を及ぼす話になります。

 銀行のお偉いさん達は、深刻なキャッシュ不足の中、なんとかせにゃ~ということで、行内をグルリと見渡してみますと、「見っけた!!」。そうです、優秀な債権が存在したんですよね。その名も、「住宅ローン」 たいして、利益も運ばん商品ですし、日本における住宅ローンは、焦げ付きも比較的少なく、買い手も存在することだろうということで、オマトメパックにして売り出す動きが出てきています。

 ○×銀行オマトメ住宅ローン、□△銀行オマトメ住宅ローンが商品として流通しだしております。

 既存のお客様達は、その債権が譲渡されたところで、契約があるので、影響は受けないですが、上記商品が多発することにより今後の住宅ローンにおいては、深刻な影響を及ぼすことが想定されます。

 というのも、昨年まで猛威を振るったファンドを考えればいいと思います。当時は、ファンドが収益をまとめて購入してくれるということで、色々な会社がせっせとファンドに収益をおろしていました。ところが、コンプライアンスの問題とあまりにも多くの物件量の関係から、物件に対する厳しいデューデリジェンス(審査)が加速したのです。やれ検査済みが必要などですね。

 さて、話を住宅ローンに戻しますと、オマトメ住宅ローンを購入する組織にとって、超低金利の商品を購入するわけですから、焦げ付きが多発したり、担保に押さえていた物件が、実は融資額に見合わないなんてことがあると、非常に困った状態になります。というわけで、属性及び物件の選別をしだすことは容易に想定されます。

 上場企業に@年以上勤続していて、年収@@@万円以上ある人で、かつ物件はピッカピカみたい住宅ローンのみ買取ります、なんて具合ですね。

 そうなると、優良住宅ローンを纏めて売却した銀行に残る住宅ローンは、「おいっ!大丈夫かいな?」なんて住宅ローンばかりが残ってくるわけです。

 必然的に、お偉いサン達は、だったら最初から、こういう住宅ローンは受け付けないようにすれば良いという考えになり、今までなら、楽勝で受諾していた住宅ローンが急に厳しくなるという現象が、多分、遠くない将来に起こることが想定されます。

 「だったら、行政でキチンとしろっ!」と叫んだところで、日本の不動産における行政は、知れば知るほど、ムッチャクチャですからね。地積にしたって、構造物にしたって、擁壁にしたって、道路にしたって、何から何まで、江戸時代とそう変わらんのとちゃうかなぁ~。(^O^) それこそ、地勢リスク(地震が多いとか、軟弱地盤とか、増水エリア等々)まで考慮すると、凄い二極化が出てきますよ。あのエリアの住宅ローンはOKですが、そのエリアの住宅ローンはペケです、なんて具合ですね。

 ということで、刻一刻と住宅ローンを取り巻く環境もチェンジ!してきていますので、よく考えてくださいね。

 

|

« 辛辣なコメント | トップページ | 新春名刺交換会 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

 新年おめでとうございます。ココは相変わらず盛況ですね。今日は後場8000円割ったようで大台は維持して大引。雲を下抜けたので明日、大きく下落なら買い出動の予定で今晩スタンバイをします。10月と11月は買えなかったから7500円近くまでの下落を希望ですが!

投稿: ころっけ | 2009年1月15日 (木) 15時34分

 新年明けましておめでとうございます。
 確かに、レンジ相場と仮定すれば、7500円から下は買いポジションでしょうが、大きなトレンドは下げトレンドですよ。ゆえに、買いのポジションは目先短期でさっさと利食いしないと、持っていかれますよ。
 戻ったところを、売りが今のところ正解でしょうね。

投稿: のりぞー | 2009年1月15日 (木) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辛辣なコメント | トップページ | 新春名刺交換会 »