« 自然体が一番 | トップページ | 西の方より友来たる »

2009年4月16日 (木)

力技

 おはよーでござんす。いや~、参りました。何があっても、お昼には出勤していたのですが、火曜日はとうとう風邪のぶり返しでダウン。会社をお休みしちゃいました。昨年の今頃も、あまりにもしんどくて、病院にいったら、肺炎の治りかけですと診断されて、お医者様に、「よく、今までほっといたね~。すごくしんどかったでしょう!」とビックリされたのですが、毎年、春先に、長期の風邪をひくのが恒例行事みたいになってきましたね。やはり、40歳、前厄。体力的に無理ができないのかもですね。

 新型のプリウスが、5月販売にも関わらず、もう1万台の予約を突破したとか。改めて、税制優遇の凄さを感じさせます。

 何度も書き込んでいますが、今、世界で起きていることは、何が何でも景気を上向きにするという、世界各国政府の強い意志が感じられます。

 あのノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン米プリンストン教授も、「我々は日本に謝らなければならない。」と謝罪されています。

 日本のバブル崩壊をした当時、欧米の識者達が、こぞって日銀に金融緩和を促したのですが、結局、デフレ状況において、金融緩和は役にたたないことが、今回のアメリカのサブプライムでわかったわけです。デフレにおける特効薬は、一にも二にも、財政出動でしかなく、需要と供給のギャップを政府が埋める形で、金を出し続けないと、あっという間に恐慌入りをするということですね。

 しかし、それを素早く理解し、間違いを認め、政策を打ち出してくるところがアメリカの凄いところで、力技にしろ、市場操作にしろ、なんと言われようと、絶対、株価は下げさせないという強い意志を感じさせるものがあります。また、日本型の公共事業投資一本やりの従来のやり方ではなく、環境関連、新産業分野へ重点配分するあたりが、またまた次世代のビジネスシーンをリードしていこうという意思が読み取れます。

 う~ん、これは案外、ひょっとしたらひょっとするかもですね。世界中が本腰を入れて財政出動する上に、金融緩和でダブついたお金が世界中にばら撒かれているわけですから、一気に逆流した時のリスクを考えといたほうが良いかもですよ。原油価格も、ジワジワ上昇してきていることですし、なんとなく人為的な物価高の予感がするのでした。

 まぁ、今回の大量の国債発行で、どの政府も超インフレになることを期待していることでしょうからね。1000兆円の借金も、物価が10倍になったら、現時点での100兆円分の価値でしかないわけですからね。

 さて、来るべく物価高に備えて、デフレの今のうちに、どのような保険をうつのかが、キーポイントになりそうです。

 物件情報!緊急情報です。香炉園小学校区。全区画南向き。個数5。土地約30坪ピッチ。多分、建築条件付き。前面道路は広々としていますが、交通量は少。価格帯は、4000万円台前半~中盤想定。本日から、暫定予約を受け付けます。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 自然体が一番 | トップページ | 西の方より友来たる »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然体が一番 | トップページ | 西の方より友来たる »