« 大変やなぁ~ | トップページ | 悪の大王降臨 »

2009年4月23日 (木)

瀬戸際な予感

 おはよーでござんす。混迷の極みを見せる世界経済。正念場が来ている予感がします。

 22日発表された、IMFによる2009年度の世界経済見通しによると、世界全体で成長率は、マイナス1.3%。この度の震源地であるアメリカが、マイナス2.8%、ユーロ圏でマイナス4.2%、我が国日本は、にゃんとマイナス6.2%の経済成長率になるそうです。

 少なからず、前月比で好転してきた指標や、各国の景気対策が矢継ぎ早に打ち出されているにも関わらず、足元の景況感は冷え込んだままです。

 日経平均においても、7000円割れを死守したのち、9000円まで復活しましたが、戻りもここまでの雰囲気が漂ってきています。

 為替の円高傾向とあいまって、5月の連休を前に、ドッシャン下落がきそうな予感がしてなりません。

 トヨタなどは、管理職・社員さんのボーナスを大幅にカットするというリストラ策を出していますが、次の下げ局面は、ありとあらゆる会社に相当な圧力をかけるものと思われます。

 助かったと思っているところに、ドッシャンが来た場合、パニックになることは容易に想像され、それに備えた準備を早めに手当てすることをお勧めします。

 今は、一にも二にも、身軽になって、嵐が過ぎ去るのを待つしかないのでしょうね。

 なんとなく、もうすぐそこに来ているような気がする、のりぞーでした。

 嫌な予想で、ゴメンネ、ゴメンネ!!

|

« 大変やなぁ~ | トップページ | 悪の大王降臨 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大変やなぁ~ | トップページ | 悪の大王降臨 »