« 民主党圧勝→解散総選挙 | トップページ | 目で見る在庫一覧 »

2009年7月16日 (木)

穴掘り

 おはよーでござんす。GSとインテルの決算内容を受けて、NYダウは大幅な反発をして戻ってきていますね。しかし、あれだけ金融不安が騒がれた中で、過去最高益をたたき出すわけですから、GS恐るべしですね。

 そういえば、火曜日は更新ができなくてすいませんでした。というのも、一日中、穴掘りをしていたので、心身ともにフラフラになっていました。

 一つの土地を二つや三つに分筆するためには、境界を確定しなければなりません。その為には、接している隣地の全ての所有者に立ち会ってもらい、ここで間違いないですねという念書(筆界確認書)を貰わないといけないのですが、隣地の所有者がすごく遠方であったり、これを機会にやからチックなことをいう人が出てきたり、印鑑代と称して、金銭を要求してきたりするような人が結構いたりします。

 そうなると、やたらと時間がかかったり、中には境界紛争にまで発展するケースもあり、最悪、売るに売れない状態に陥ることもあります。お互い様なのにね。

 ただし、法務局の判断になるのですが、区画整理が既にしてあったり、震災後に実測済みで法務局に届け済みのような土地の場合は、境界評がしっかりあって、測量をしてもほとんど寸分の狂いも無い土地の場合なんかは、必ずしも隣地の立会いを必要とせずに、分筆することが可能になる場合があります。

 ということで、隣地立会いの難しさ、面倒くささをしっているのりぞーは、なんとか杭を見つけにいくのですね。(^O^)

 ところが、山の土地の場合、強烈なコンクリート杭を打ち込んであっても、その後、雨が降り、土が流れと季節が過ぎるとともに、地中深くに埋もれてしまうケースが多いのです。

 火曜日のケースも、山の土地で、土地家屋調査士の先生とのりぞーで、ひたすら、あるかどうかも分からない杭を目指して穴を掘っていたわけです。

 蒸し暑いし、蚊にはかまれるし、掘っても掘っても、杭らしきものは出てこないしで、もうフラフラになりましたよ。(^O^)

 結局、その日はあきらめて、本日、若手の社員を投入しての掘削作業続行中です。早く、見つかると良いのですけどね。

 まぁ、地味な作業もしてますよってとこですね。

 物件情報!とうとう最後の1区画だった、上甲子園5丁目PJの3号地に申込みが入り、完売になりました。早かったですね~。次の、PJは甲子園球場のすぐ近くで予定しております。駅に近いし便利ですよ。お楽しみにね。

|

« 民主党圧勝→解散総選挙 | トップページ | 目で見る在庫一覧 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民主党圧勝→解散総選挙 | トップページ | 目で見る在庫一覧 »