« CO2 25%削減 | トップページ | 円高進行中 »

2009年9月13日 (日)

孔子の一生

 おはよーでござんす。昨日の大雨が一転、素晴らしい青空が広がっていますね。いよいよ、のりぞーは来週の火曜日から、フィリピン・マニラへ建売用地を探すという商用で出かけますので、グーグルで検索をしまくって、予習に余念がないです。

 ふむふむ。すごく湿気が多いみたいで、突然のスコールのような雨が降るらしいので、レインコートが必要っと。あと、暑いみたいですね。治安が悪いみたいで、路地裏には絶対行かないように。う~ん、夜はホテルから一歩も外へ出れそうにないですね。

 不動産業界に入って、何が一番変わったかというと、海外旅行をする機会がめちゃくちゃ増えたことですね。毎年、2・3回は海外へ行ってるような気がします。まぁ、そのたんびに嫁さんの機嫌が悪くなるんですけどね。

 昨日の、嫁さんとの会話です。

のりぞー:「おい。マニラのハイアットホテルにカジノがあるみたいやで。一発当てて、免税店で何か買ってきたるから、欲しいもの言えや!。」

嫁さん:「え~、じゃ~、韓国のり。」

のりぞー:「はぁ?フィリピンやぞ?」

嫁さん:「毎回そんなん言うて、いっつも負けて、お店側のお土産の韓国のりやん!」

のりぞー:「確かに・・・。」

嫁さん:「じゃ~、バナナでええわ!」

 完全になめられております。ちょっと、父親としての威厳がおぼつかないので、今回は、気合を入れて頑張りますよ。勝負や!マニラのディーラー!

 来月には、40歳になるということで、なんとなく知ってるけど、はっきりとは知らなかったので、改めて孔子の一生について勉強してみようと思いました。

~孔子の一生~

『子の曰く、吾れ
  十有五にして学に志す。
  三十にして立つ。
  四十にして惑わず。
  五十にして天命を知る。
  六十にして耳順がう。
  七十にして心の欲する所に従って、
  矩を踰えず。』              

  わたしは十五歳で学問に志し、
  三十になって独立した立場を持ち、
  四十になってあれこれと迷わず、
  五十になって天命(人間の力を超えた運命)をわきまえ、
  六十になって人の言葉がすなおに聞かれ、
  七十になると思うままにふるまって、
  それで道をはずれないようになった。

 ふ~む。ということは、のりぞーは、来月になったら、あれこれ迷わなくなるのですね。30歳の大台にのった時は、20代と30代の凄い違いに戸惑った記憶があるのですが、40代と言われても、ピンとこないですね。

 人間五十年でいけば、ラストの年代になるわけですし、あれこれ迷わないということは、残りの一カ月の間に、残りの人生の戦略図をひいておかないと駄目ですね。

 会社も5年目を迎えますし、40歳を起点にして、どっしりとした経営をしていかなくてはと思うのでした。

|

« CO2 25%削減 | トップページ | 円高進行中 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CO2 25%削減 | トップページ | 円高進行中 »