« オービス | トップページ | 40歳になりました。 »

2009年10月27日 (火)

あの人の笑顔が見たい

 おはよーでござんす。のりぞーの30代も、あと残り2日となりました。あ~、以前から思っていたのですが、40歳って、すげ~おっさんの感じがするんですよね。同業の先輩達も、40代が多いのですが、僕はまだ30代ですからって、ずっと思っていましたもん。いつまでも、若々しさを保つ為にも、ダイエットと運動を続けないとですね。

 今日も朝から、当社の社員さん達とミーティングをしていたのですが、そろそろ次のステージに上がりなさいよというお話をしていました。

 多分、営業力的には、一通りの案内・商談も出来るし、売上げ的にも、まぁ、他社の営業さん達と遜色のない数字は叩けるようにはなったことでしょう。まぁ、ようやく基本のベースは備わったってとこですかね。

 でもね、多分、今までのやり方だったら、そこまでで終わるし、それ以上になることもないでしょう。

 何故ならば、自分のことで精一杯の視野の狭い営業力でしかないからです。

 自分のことに精一杯の人の周りには、人も、情報も、モノも、金も集まってきません。知らないうちに、バリアが張られているからです。

 何か、頼みごとがしたいな、お願いしたいなと思った時に、自分のことを精一杯しているように見える人には、なかなか頼めないものです。だから、「縁」がなくなるのです。

 「縁」がなくなることによって、その人との間で義理や感謝といったものまでなくなります。義理や感謝の積み重ねが、人間関係を円滑にし、そこに「業」が発生するのです。

 「すいません。ちょっとやることがあるので、難しいです。」と言われた人に、再度、別の機会でお願い事をすることって、なんだか気がひけますよね。

 「わかりました。いつまでにすれば良いですか?今、自分、***の用事を抱えているので、それが終わってからで良いですか?」

 「ごめん。助かるわ。頼むな。」

 これで、初めて「縁」ができるのです。「縁」が出来るから、仕事も発生するわけです。

 オープンハウスの待機の仕方ひとつとってもそう。ご来場されるであろう、お客様が気持ち良くなってもらうために、目に見えない作業をしておくのです。

 会社の入口のマットが汚れていたり、いがんでいたりしていることに、違和感が持てるアンテナ。ちょっと落ち込んでるんと違うかな?、忙しいそうにしてるけど、何か手伝うことないかな?って気づけるアンテナ。

 常に、あの人の笑顔や感謝の言葉を聞きたく思うアンテナを備えることができるようになれば、もっともっと、幅の広い営業力がつくのですよ、目先の数字よりも大切なことは、そこにあるんですよ。それが、結局、自分に返ってくるんですよというお話を1時間もしてましたとさ。

 あ~、疲れた。(^π^)/

 物件情報!しっかし、この物件情報。結構、同業他社の営業さんが見てるんですね。UPしたら、すぐに電話がかかってきますよ。まぁ、メッサレアーな仕上がりになってますからね。(^O^)/ というわけで、毎日のように、新規情報を掲載するのは、至難の業なので、電話をかけてくる人は、たまには、ここに掲載できる情報を渡すように! 業務連絡でした。

|

« オービス | トップページ | 40歳になりました。 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オービス | トップページ | 40歳になりました。 »