« 開発系の案件が目白押しです。 | トップページ | なんだかね~日本経済 »

2009年11月16日 (月)

売り 買い 決定率

 おはよーでござんす。なんだか知りませんが、3日前ののりぞーブログの、ポッター社長と舞妓さん達とのツーショット写真が、各方面から大好評みたいで・・・。

 曰く、「心の底から楽しそうやね!ポッター社長。」だそうです。

 で、昨日、ポッター社長の奥さんで、リブレシリーズの設計責任者であられるKeikoさんと、次の新築現場のプラン打ち合わせをしていた時のことです。

Keikoさん:「なんだか、昨日、遅くに帰ってきたけど、楽しかったみたいですね。(`Д´)」

のりぞー:「いやいや、あれも仕事の内の一つなんですよ。毎日、毎日、体が壊れそうですもん。でも、彼は、心の底から楽しんでましたけどね!」

 ポッター社長!ちゃんと奥さんに、君が楽しんでいたことを伝えといてあげたで。感謝しろよ!

 当社では、毎日、社員さんの行動予定を管理表にして、記載・報告をしております。しかし、一日の行動を終えて、振り返ってみますと、どれだけのことが出来たのかとチェックしてみると、一体、何をやってたんやろうなんてことが多々あります。

 限りある一日という時間。限りある人生の時間を、大切な30代にどう使うかで、その後の40代、50代の生き方が全く違ったものになってきます。

 自分自身の営業マン時代を振り返って考えた時、不動産営業の仕事なんて大別すれば、たった3つのことで終わります。

 それは、『売り』『買い』『決定率』 以上3つのことだけです。

 この上記3つのことを、細分化していき、一日のスケジュールに3つの分野とも組み込んで、積み木を積み上げるように、コツコツと習慣化させていけば、必ず、一年後には、誰も追いつけない営業マンが出来上がります。

 まず、『売り』。不動産は、情報が命です。物件が無いことには、お客様への紹介もできません。その為に、『売り』を制することが、成功する一番の近道です。

 では、『売り』を制する為には、どのような仕事を日々の業務に入れていけばいいのかというと、

①掘り起こし・・空き地・空家調査を徹底ローラーする

②テマキ・・・売り求むのチラシ投函

③事業主まわり・・・ひも無し物件の保有の有無と、社長と仲良くなる。相場観を聞かれるようになったらGOOD

④他社まわり・・・水面下の仲介物件の紹介

 次に、『買い』

①テマキ・・・狙いの物件を近隣にまくこと

②情報の保守・・・常に最新の情報を、HP、ヤフー、ホームズ、掲示板、現地看板などを通じて、公開しておく

③ハウスメーカーさん・・・ハウスメーカーのやり手を捕まえて、相互で助け合うシステムの構築

 最後に決定率。

①商談のチェック・・・自分自身のトークが繰り返しされることにより、雑になっていなか?時代遅れになっていないか?日々再検討をかける

②ニュース・時事のチェック・・・全体的な幅広い視野を持つ習慣

③稼電件数・・・結局、APO本数→案内件数→商談件数→契約件数になるわけですから、稼電件数がすべての始まり。ただし、嫌がられる電話はダメ。楽しくて、有益な情報が必要。

 ざっと、書いただけで、これだけのことがあります。もっと、突きつめれば、一杯出てくることでしょう。大切なことは、これらのことを、満遍なく同時進行させることが大事で、偏ってはダメということですね。

 つまり、ついでの仕事をたくさんこなすことにより、一年後の積み重ねの威力が全然変わってきます。

 どうせ、朝の9時から夜の10時、11時まで働くのだったら、さっさと上記の領域くらい軽々クリーアーして、次の領域、たとえば、弁護士案件であったり、銀行案件であったり、開発案件などの、不動産の醍醐味を楽しめるようになれば、また、違った一日を送ることができると思うのでした。

 頑張れ!社員さん達!

 物件情報!甲南山手の駅からすぐの所。森ハイツ。4階。現在、リフォーム中です。多分、1350万円で販売します。興味のある人は、のりぞーまで。

|

« 開発系の案件が目白押しです。 | トップページ | なんだかね~日本経済 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開発系の案件が目白押しです。 | トップページ | なんだかね~日本経済 »