« 大手仲介業者の数字が上昇 | トップページ | 気力の二極化 »

2009年12月 7日 (月)

ローン難民の増大

 おはよーでござんす。為替と株価が凄い乱高下をしていますね。1ドル=84円台と急激に円高に振れたかと思えば、一気に1ドル=90円台ですし、株価の方も、日経平均9000円から一週間で10000円越えです。ボラティリティが凄い高まっており、非常に読みにくい展開になってますね。

 まぁ、理由がどうであれ、持ち直してくれたことは、非常にありがたいことなので、このまま推移してくれることを祈るばかりです。

 不動産競売流通協会の集計によりますと、2009年度上期で全国で競売にかけられた一戸建て住宅やマンションが前年同期比46.3%増の3万180件に達したそうです。

 ここ数年は、年間5万件~6万件で推移していたそうなので、今年の競売件数の異常さが際立ちますね。

 失業や収入減が急増の理由だそうなのですが、本当に実体社会の格差の広がりを感じますね。

 住宅ローンを組む際に、金融機関は、返済比率(年間のローン総額÷年間の収入)を目安にして貸出しを行うのですが、35年間もの支払期限が続くことを考えれば、この比率を考えないといけない時期に差し掛かっているのかもしれませんね。

 この先、人口減少、少子高齢化、産業の空洞化、労働のロボット化、経済のグローバル化による世界的な労働賃金の平準化などを考えれば、過去の日本経済の高度成長みたいな、賃金が上昇し続けると考えるのは非常に難しいと思われます。

 ただ、衣食住に関しては、なくてはならない必需品なので、最悪のシナリオを想定して、物件購入の予算を決めることが大切なのだと思います。

 目安として、返済比率25%~30%ぐらいで考えてちょうど良いのではないでしょうか。それでも、住居系費用が収入の1/4~1/3ですもんね。

 一生、家のローンに追っかけまわされる人生なんて味気ないですよ。(^O^)/

 まっ、不動産屋さんが言うことじゃないですけどね。

 物件情報!西平町にて新築戸建、4480万円です。割安感が出てきてますよ。興味のある人は、のりぞーまで。

 

|

« 大手仲介業者の数字が上昇 | トップページ | 気力の二極化 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大手仲介業者の数字が上昇 | トップページ | 気力の二極化 »