« 不審火にご注意 | トップページ | 反省してま~す! »

2010年2月15日 (月)

道路

 おはよーでござんす。昨日のバレンタインデーの戦績は、ジャジャン!全部で12個ゲトでした。

 まぁ、もっとも全部、グループ会社の設計士さんとか、事務員さんとかの身内だったんですけどね~。今年は、日曜日ということもあって、飲み屋さんが休みだったのも今一数が伸びなかった原因と考えられます。

 というわけで、大きな袋に入れて、家に持って帰り、MY娘にむかって、

『どや!お父さんモテルやろう!』

と自慢しておきました。だんだん、オヤジ化している自分に気付き、少し嫌な気分になりましたね。もっとも、娘の方は、それに返事するわけもなく、たんたんと全部の包装を破っていき、

『どれから食べようかなぁheart』とご満悦の表情でしたね。

 今、取り組んでいる案件で、道路に関することで非常に悩ましい物件があります。

 もしも、のりぞーが市長になったら、真っ先に取り組みたいのが、道路行政についてです。

 土地に対しては、関心を示すお客さまも、こと道路に関しては、意外と無頓着な方も多いのではないかと。

 狭い国土と古い歴史のお陰で、日本の道路形態のあり様はグチャグチャであります。また、財政難から、市や県が接収することも無理な現状では、ある一定の強制的なルールを作らないと、このままでは、下手をすると殺人事件にまで発展するケースが今後出てくるのではと心配してしまいます。

 特に、私道の取り扱いに関しては、近年、融資するサイドの銀行の評価基準が激変しており、今までOKだったものが、突然、融資不可ですとなっているケースも多々見受けられます。

 また、建築基準法の道路であるはずの私道を、自分の所有権を主張し、植木であったり、自転車であったり、はたまた車両通行妨害の為の杭を打ち込む悪意全開の人もおられます。

 そこには、法律違反をしても、罰則規定を設けていないことに起因するものと思われます。公序良俗の精神、性善説では、一筋縄ではいかない時代に突入しているわけですからね。

 どちらにせよ、小澤一郎さんも運用する、いまだに大きな資産としての不動産なわけですから、もうちょっと真剣に道路行政に取り組んでいただきたいと切に願うのでした。

 では、明日は小澤一郎さんがされた、「委任の終了」を登記原因とするお話でもしよっかなと思ったけど、難しすぎるのでやめときます。(笑)

 

|

« 不審火にご注意 | トップページ | 反省してま~す! »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不審火にご注意 | トップページ | 反省してま~す! »