« 水曜日が休み | トップページ | 元気の出る曲 »

2010年3月15日 (月)

日はまた昇る

 おはよーでござんす。え~、本日は、月曜日ということで、週一回のグループ会議がありました。

 その席で、最後に各社の代表が、相場動向、金融機関動向、市況報告、仕入れ状況、顧客動向などをお互いに持ち寄り報告をし、戦略をたてていくのですが、珍しく4社の意見が合致しましたね。

 『不動産価格は上昇する!!』

 色々理由はあるのでしょうが、堅調な株式市場、企業の余剰資金、銀行の金余り現象、さらなる日銀の金融緩和、政府による財政出動、二番底懸念への相当なカラ売りの積み増しからの踏み上げ、物件の枯渇化などを総合すると、どう考えても、秋口へかけて上昇相場が想定されます。

 ここ最近の日経新聞を読んでいても、大幅なリストラ等のコスト削減努力と、利益が出る体質に変更したのちの順調な売り上げにより、企業のキャッシュフローが超潤沢になってきております。その上での、金融機関の金余り現象なわけです。

 新規事業をおこすほどの勇気や発想のない既存の企業にある余剰のお金と金融機関の信用力は、一番手っ取り早く、しかも高収益の見込めるモノへと向かってきております。

 すれは、すなわち、「不動産」です。

 事実、人材派遣会社や飲食業、P業などの、かつて不動産を生業としていなかった業種の人達の物件取得意欲には、すごいものがあります。

 もちろん、既存の不動産仕入れのプロの人達だって黙っていません。デベにしろ、建売屋さんにしろ、すごい勢いで取得攻勢に出てきています。

 特に、阪神間の場合、大阪勢の買取価格が、とんでもない値段をつけてきています。

 暗いニュースで相当たまっているフラストレーションが、上向きになった時の爆発力を想像すると、ニヤリとしちゃいますね。ワッショイ・ワッショイ相場までなるのかどうかは、わかりませんが、少なくとも、物件購入を検討されているお客様達は、市場から物件が綺麗になくなる前に、手当てをすまされている方が、いいのではないかと思うのでした。

 当たるも八卦、外れるも八卦の自己責任でお願いしたいのですが、冷静に分析すると以上のような雰囲気になってきてますよというお話でした。

 もちろん、購入するときは、不動産ドットコムでお願いしますね!

 物件情報!松ケ丘町の一等地で、仕込みが開始されています。モノになったらUPしますね。

|

« 水曜日が休み | トップページ | 元気の出る曲 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水曜日が休み | トップページ | 元気の出る曲 »