« 本格的に建売しよっかな? | トップページ | おもてなしの心 »

2010年4月17日 (土)

就職活動の実態

 おはよーでござんす。昨日のブログにも書いたのですが、本格的に建売事業に乗り出す為に、ハローワークとエンジャパンを使って、設計士さんの募集を始めましたよ。

 ポッター社長からは、「お前では、女性の扱いが出来ないから、絶対、男性の設計士を採用した方がいいぞっ!!」と注意を受けたのですが、キッパリ! 大きなお世話です。のりぞー様が、いかに女性の扱いが上手かを、この際なので、まざまざと見せつけたいと思っております。

 というわけで、若くて、センスがあって、綺麗で、のりぞーの事が好きな設計士さんを募集します。はぁ~、楽しみですなぁ~。

 まぁ、冗談はさておき、建売はもとより、仲介の方でも、自社の設計士さんがつくことにより、気軽に色々なことが相談できるようになり、よりキメ細かいサービスが出来るのではないかと考えております。総合的に、お客様のトータルサポートが出来るように頑張っていこうと考えていますので、応援よろしくです。

 さて、ある人から面白い話を聞いたので、ちょこっと。

 新聞やニュースで、就職超氷河期の話は、よく目にすることだとは思うのですが、実態はここまできているのかというお話です。

 最近の就職活動は、インターネットからの申し込みをするのですが、ある企業の面接申し込みをする際に、A大学のA君とB大学のB君が、隣同士のパソコンから申し込みをしたそうです。

 その際、同じ企業に同時に申し込みをしたのにも関わらず、A君の方は、「受付が終了しました」と表示され、B君の方は、そのまま面接へ進むページが出てきたそうです。

 これだけ、ありとあらゆる企業が採用を制限すると、人事にとったら人材の選びたい放題なんでしょうね。決して、A大学も、偏差値が低いわけではないんですけど、大学名のみで採用基準の足切りをしている実態が伺われます。

 能力主義や、学歴社会ではないと言われて久しいのですが、まだまだ、こういった現実があるということを鑑みれば、やはり、若いうちは勉強しとかなあかんねんなと思うのでした。

 特に、四大女子の就職は大変みたいで、色々相談をされるのですが、結局、自分自身に力をつけておかないと、採用側も見向きもしないというのが現実みたいです。

 のりぞーの大学時代なんて、コンパに、マージャンに、パチンコに、飲みに、バイトにと相当遊んだもんですが、今の学生さん達は、大変だなぁ~としみじみ思ったのでした。

 そういや~、昨日、ある地方銀行の支店長さんが遊びに来られ、しゃべっていたのですが、もう、来年の採用枠も決まっているらしく、本年度と同じく、最小限の募集枠だそうです。

 学生の皆さん!4年間を有意義に使って、頑張ってくださいね~。

 物件情報!来週から、大森町の狭小地シリーズの新築がリリースされますよ。多分、3000万円台の新築になりそうです。予算のあうかたは、担当者まで。

|

« 本格的に建売しよっかな? | トップページ | おもてなしの心 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本格的に建売しよっかな? | トップページ | おもてなしの心 »