« 社会主義化 | トップページ | 毎日、ふらふらっす。 »

2010年4月10日 (土)

お客様の流れ

 おはよーでござんす。本日は、不動産戦闘日の土曜日です。というわけで、当社は、高座町の新築と東鳴尾の新築でのお出迎えです。

http://www.fudosancom.jp/weekly.html

 ドシドシご来場くださいね。

 会社まわりは、花見のお客様で凄いことになっています。今週で、桜も見納めでしょうから、来週からは、ようやく平穏な苦楽園に戻りそうですね。

 今日の不動産広告を見て、改めて思ったのですが、事業主さんもしくは、自社の販売会社での広告が目立ちましたね。

 昔なら、広告にたくさんの物件を掲載し、そのチラシで問い合わせのあった人を、他の物件に振り回し契約をするというスタイルが当たり前だったのですが、どうやら最近は、その傾向が変わってきているように感じます。

 今のお客様の動きは、ネットや情報流通の発達で、ある新規現場にダダット集まった後は、ハイ、解散みたいな感じになってきています。

 そういった意味で、本当に『売り物件』がないところは、生きていけなくなるのでしょうね。近くの、顔見知りの親切な不動産屋さんへ行っても、最新の情報は手に入らないし、ましてや、欲しいと思っても仲介できないケースも増えているのではないでしょうか。

 また、レインズの一般公開なんて始まった日には、専任業者しか生き残れないですよ。

 総合すると、買いの営業力及び営業マンは不必要となり、売りを創れる人と、あとはオペレーターで充分なんて時代が、すぐそこまで来てそうな気がします。

 それが、今の、お客様の流れなのですから、仕方がないですね。チラシ広告より、ネット広告のほうが、反響も広く、経費も安いとなれば、情報=お金と考えた場合、なんで他人に情報をあげないとあかんねんと考える業者さんも増えることでしょうしね。

 そうなると、大手さんみたいに、査定依頼がドンドンと舞い込んでこない街屋さんにとって、売りを創ることこそが、営業力の時代になってきていますね。

 大きな変化を感じざるを得ないです。

 物件情報!甲東園の駅近くにて、邸宅が出現予定です。詳細が決まったら、また報告しますね。

|

« 社会主義化 | トップページ | 毎日、ふらふらっす。 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会主義化 | トップページ | 毎日、ふらふらっす。 »