« 仕入れの難しさ | トップページ | 戦争と戦略 »

2010年5月29日 (土)

ユーロ発の混乱が何故日本?

 こんにちわでござんす。最近、あんまり意識してダイエットをしているわけでもないのに、とうとう体重が63.5Kgまできちゃいました。この上、手術して流動食になると、一体、何Kgまで体重が減るのやら・・・。ちょっと、痩せすぎ注意報ですね。

 先月のギリシャ不安から、ユーロが徹底的に売られ、全世界の株式市場が同時安になったのは、記憶に新しいと思います。

 また、その影響は、他のEU諸国にも飛び火したみたいで、昨日は、スペインの格付けが、格付け会社により引き下げられたということで、またまた混乱状態に陥っています。

 ヨーロッパで起きたことが、ある程度、日本の株式市場に影響を与えるのは理解できるのですが、どうにも腑におちません。

 というのも、直近の各国の高値と安値を比較してみますと、

日本市場  4/5 11408  5/27 9395 82.35%

イギリス   4/15 5825   5/25 4940 84.81%

ドイツ    4/26 6332   5/25 5670 89.54%

NYダウ   4/26 11258  5/25 9774 86.82%

と、あまり関係ないはずの日本市場が一番下落率が高いという現実ですね。

 また、安全資産の通貨として、円が買われて円高になっていると市場のコメントを良く見かけるのですが、だったら何故、今回のユーロ問題で一番、日本市場が下落するのかということですね。

 世界中で緩和されたマネーは、制御できないほどの勢いになり、ありとあらゆる市場で、暴れまくっています。

 ほんのちょっとしたことで、一気に、しかも昔と比べ物にならないスピードで世界中が変化しています。

 一寸先は闇夜とは、よく言ったもので、注視して事にあたらないと、大変なことになるんだろうなと漠然と思うのでした。

 物件情報!芦屋市岩園町。土地分譲です。土地約70坪。価格は5000万円前後。興味のある人は、担当者まで。

|

« 仕入れの難しさ | トップページ | 戦争と戦略 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕入れの難しさ | トップページ | 戦争と戦略 »