« ユーロ発の混乱が何故日本? | トップページ | 含蓄のある言葉 »

2010年5月30日 (日)

戦争と戦略

 おはよーでござんす。メチャクチャ良い天気になりましたね。本当、こんな良い天気の日に、社長室に閉じこもっていたら、鬱になりそうですね。

 朝鮮半島がなんだか、きな臭い状態になっているのですが、戦争についてちょいと調べてみました。

 戦争論ということで、クラウゼヴィッツの戦争論が、非常に有名なのですが、その戦争論の第3章に『戦略』というものが取り上げられています。

 戦略=戦争における勝利の為の方法論を考える上で、5要素を述べているのですが、

1.精神的要素:精神的なものによってもたらさせるものすべて

2.物理的要素:戦力の量、編成、兵器の比率など

3.数学的要素:作戦を行う方向など軍事行動の計算

4.地理的要素:制高点※1、山地、河川、森林、道路のような地形の影響

5.統計的要素:給養ための手段、すなわち兵站

 ビジネスの世界においても、同じことが言えるんでしょうね。少子高齢化が進む日本において、内需産業は、限りあるパイの取り合いの世界へ、必ず突入します。

 その時に、なんの戦略もない会社は、間違いなく駆逐されていくことでしょうね。

 上記の5要素を、不動産業界に当てはめて、今、何をすればよいのかを考えれば、自ずと道が見えてくると思います。

 ただ、やみくもに、精神論だけを振りかざして、号令をかけるのではなく、戦略を持って、効率よく仕事をしていきたいものです。

 ではでは。

|

« ユーロ発の混乱が何故日本? | トップページ | 含蓄のある言葉 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユーロ発の混乱が何故日本? | トップページ | 含蓄のある言葉 »