« ゴールデンウイーク | トップページ | 低価格住宅 »

2010年5月 6日 (木)

人事じゃないギリシャ問題

 おはよーでござんす。いや~、さすがに8連休は、することがなくてメチャクチャ暇でしたよ。人間、ないものねだりをするっていうのは本当のことで、心の底から仕事をしたいと思ったのなんて久しぶりですね。

 たっぷり休暇をとったので、休み明けはぶっ飛ばしていきますよ。

 昨日、ギリシャで大規模なデモがあり、ニュースを騒がしてました。

 そもそもEUの加盟国は、ユーロの信頼性を保つ為に、財政赤字や国の借金を一定の規模に抑える義務があります。ところが、ギリシャの昨年の財政赤字は、その基準の約4倍に達していることがわかり、一気に信用不安になりました。もともと、加盟の時点で、GSのアドバイスによる粉飾があったという話なんですけどね。

 で~、ドイツやフランスから緊急融資を受けると報道がなされてたのですが、やれ金利が高いじゃ、緊縮財政をしなさいなどの内政干渉がうざいなどの反発をし、ドイツ国民の感情を逆なでた結果、混沌としてしまったのです。

 そりゃ、ドイツ国民にしたら、高額な社会保障費をそのままで、緊縮財政もせずに安い金利で金を貸せって言われたら、ハア~?ってなりますよね。

 それでも、放置していたらデフォルトを起こし、大量の失業者の発生や、とんでもないインフレ、治安の悪化が待ってるわけなので、ギリシャ政府とすれば、増税などの対策を打ち出さざるを得なかったのですね。

 そこに、組合を中心とするデモですから、どうなっているのやら。

 社会保障費の削減や増税は嫌。でも放置すればもっと酷いことが起きるぐらいのことは、理解できると思うのですが、国民性ですかね。

 でも、これって人事じゃないような気がします。日本の2010年度の予算は約92兆円。税収は約37兆円。新規国債発行額は過去最高の約44兆円。

 どう考えたって、まともな財政じゃないですよね。子供手当てとか、高校無償化とかで喜んでいても、全て、将来へのツケで行っているわけです。

 財政が破綻しそうになり、どうしようもなくなり、消費税の増税や社会保障費の削減が、日本において行われたとき、我々も、ギリシャ国民のように大規模なデモを起すのでしょうか?

『金持ちを狙って、大増税をすればよい。』

とあるギリシャ国民がテレビのインタビューに答えてましたが、そんなことをすれば、金持ちはとっとと国外へ資産回避するだけですよ。

 ここ最近の、こういったニュースを見るにつけ、社会保障のあり方を、もっと政府には考えて欲しいと思うのでした。絶対に、社会保障を食いものにしている人達がいるような気がするので・・・。ふざけるなと・・・。自業自得かと・・・。

 物件情報!越水町の弟子さんよりの仕入れです。夙川駅徒歩圏N町にて、新築PJ2区画が立ち上がりましたよ。詳細は担当者まで。

|

« ゴールデンウイーク | トップページ | 低価格住宅 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンウイーク | トップページ | 低価格住宅 »